ドクターX ~外科医・大門未知子~(第2シリーズ) (第9話 最終回 30分拡大版・12/19) 感想

テレビ朝日『ドクターX ~外科医・大門未知子~(第2シリーズ)』公式
第9話 最終回『患者さんにとって、オペは最後のチャンス。だからそれに勝ち続けること。それが私の夢。』『(ラテ欄)さらば大門未知子!命のリミット15時間!?私、失敗しないので』の感想。


未知子(米倉涼子)の望み通り、九留美(本田望結)の手術は帝都医大・本院で行われることになった。未知子は、胃・膵臓(すいぞう)・脾臓(ひぞう)・肝臓・大腸・小腸の六つの臓器全てを取り出して処置するという、日本では前例のない「多臓器体外摘出腫瘍切除」を、九留美を救う唯一の方法として選択する。今度ばかりは未知子でも、医大の最先端設備と組織力がなければ手術の成功は見込めない。近藤(藤木直人)、海老名教授(遠藤憲一)らの協力なしでは不可能だ。しかし、手術の直前になって蛭間外科統括部長(西田敏行)から突然の手術中止が言い渡される。その日は、本院の主任教授選だった。
---上記のあらすじは[インターネットTVガイド]より引用---

お見事!

お見事の一言。これが最終回を見ての感想だ。30分の拡大も全く無駄に感じさせない実の詰まった内容。結論はほぼ解っているのに、どんでん返しの上にどんでん返しで、テンポも良く、久し振りにドラマを楽しんだと言う満足感を味わった90分だった。

未知子が蛭間に頭を下げたのが良かった!

個人的に上手いなと思ったことは、“群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い”のフリーランスも、巨大で強固な組織が無いと、手腕を振るえないと言うことを、未知子(米倉涼子)が蛭間(西田敏行)に頭を下げたことできちんと描いたこと。

未知子「患者さんにとって、オペは最後のチャンスだからさ、
           そこで一緒に戦い続けることかな」
このことで、未知子の組織や医療に対する姿勢や考え方が、改めてきちんと描かれたために、近藤(藤木直人)が未知子を誘った“夢”のくだりや蛭間の1億円の話がぐんと重みが増したのも良かった。

脚本、演出、俳優の三位一体が大成功!

それにしても最後の最後に主任教授選を重ねた上で、立候補者たちの医者魂まできっちり描いて、更に晶(岸部一徳)までも。これだけ多くの登場人物をそれぞれちゃんと個性的に魅せて、最終回も清々しいほどの手術シーンと人間模様を描き切ったそんな秀逸な最終回だった。

あとがき

“続編”であることを忘れてしまう程に、新しいドラマとしての完成度が高かったと思います。伊達にタイトルに『2』を付けなかったつくり手に脱帽です。特に、医療ドラマとしてだけでなく、人間ドラマとして人間がきちんと描かれているのは素晴らしい。久し振りに「虚構の中の真実」にハラハラドキドキしながら楽しめたドラマでした。

もちろん、「続編」なり「スペシャル」を観てみたいです。「劇場版」はスケールが大きくなるだけなので、どうかと思いますが。スタッフとキャストの皆さん、楽しい作品をありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
Doctor-X ~外科医・大門未知子~ 2 DVD-BOX
Doctor-X 外科医・大門未知子 BOOK.1
Doctor-X 外科医・大門未知子 BOOK.2
ドクターX ~外科医・大門未知子~ DVD-BOX


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5085/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/383131735.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドクターX~外科医大門未知子 最終回

未知子(米倉涼子)の望み通り、九留美(本田望結)の手術は帝都医大・本院で行われることになりました。 その前には蛭間(西田敏行)の妨害もあったのですが、未知子は自分を高松に行かせた人物を神原(岸部一徳)から無理やり聞き出して、その人物に会いに行きます。 それは、病院長の蜂谷(古谷一行)でした。 そこには毒島(伊東四朗)もいましたね。 未知子は、蜂谷から蛭間に手術が出来る...

「ドクターX(2)」~最終回 ☆☆☆

なんだかんだで見てました。 「私、失敗しないので」 「いたしません」 等、決めゼリフと主人公のキャラがはっきりしていて楽しめますよね。米倉涼子のがっつりアイメイクが映える ...

ドクターX 〜外科医・大門未知子〜 第9話 最終回

LAST OPE. 「蛭間が好きか嫌いかどっちだ!」 「・・・・・・嫌いです」 海老ちゃん大活躍wwww!な最終回(゚∀゚) とても難しいオペを未知子一人でやらなければいけないこと ...

ドクターX~外科医・大門未知子~ 2  最終回

「さらば大門未知子!命のリミット15時間!?私、失敗しないので」 って、30分延長とはいえ、教授選と難解な大手術が並行して進行する離れ業。ぶっ飛んだ設定。ドロドロしてるのに、カラッとコミカル・ティストなのもヨカッタです。なんと、最終回は、フジッキーと米倉涼子の卓球から入浴シーンまで、大サービス。人気シリーズの2らしく、「これでもか!」に豪華キャスティングだったけれど、それぞれに見せ場があって...

ドクターX〜外科医・大門未知子〜(2)第9話(最終回)

「さらば大門未知子!命のリミット15時間!?私、失敗しないので」 内容 蛭間(西田敏行)から依頼されたオペの報酬として、 難病の少女・九留美(本田望結)を分院から本院へ転院させ、 オペすることで引き受けた未知子(米倉涼子) 話を聞き、術式を推理した晶(岸...

ドクターX〜外科医・大門未知子(2期) 最終回★エンケンさん演技上手すぎ!

ドクターX〜外科医・大門未知子(2期) 最終回 今回の患者は悪性筋繊維芽細胞腫に冒されている少女・村田九留美(本田望結)。 カンファレンスで大門(米倉涼子)が病状を説明。 胃・すい臓・脾臓・肝臓・大腸・小腸に腫瘍が広がり動脈にも絡みつくような有様 海老名教授(遠藤憲一)が思わず「最悪だなこれ、複数の臓器に広がってる上に位置が悪い。」 さすがの大門も「ほんっとに、位置...

ドクターX 外科医・大門未知子最終話(12.19)

蛭間外科統括部長@西田敏行の妨害に遭うも 帝都医科大を傘下に収める東帝大学病院に圧力をかけさせることで 村田九留美@本田望結の手術ができるようになった大門未知子@米倉涼子、 だが、手術当日は主任教授選の日、 協力者不在で一人悪戦苦闘する未知子のもとに 主任教授選を辞退した近藤@藤木直人や鷹野@浅野和之、研修医たちが集結、 九留美の手術は無事成功に終わったと 最後まで面白かったですな。視聴率...

【ドクターX (2)】最終回(第9話)感想と視聴率最高♪

『Doctor-X~外科医・大門未知子~(第2シリーズ)』 副題「患者さんにとっ

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR