●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

安堂ロイド ~A.I. knows LOVE?~ (第10話 最終回・12/15) 感想

TBSテレビ『安堂ロイド ~A.I. knows LOVE?~』公式
第10話 最終回『約束の時、想いは永遠に』の感想。


未来からのポリスクラウドのアンドロイドたちを操り、更には現代の公安上層部や政治家たちをも翻弄して自らの野望を実現しようと目論む謎の美少女こと“ARXIX-THE LAST QUEEN”(以降“LQ”)(桐谷美玲)。沫嶋黎士(木村拓哉)の妹・七瀬(大島優子)の凶悪な別人格“沫嶋黎子”が生み出したとされるLQはついに自ら牙を剥き、安堂麻陽(柴咲コウ)の味方である七瀬、葦母(遠藤憲一)、星(桐谷健太)らを立て続けに襲撃。そんなLQの野望を阻止すべく、ロイド(木村拓哉/二役)はLQに戦いを挑むが、ロイドより全ての能力が上回るとされる最強のアンドロイドLQを相手に戦闘OS“アスラシステム”を 起動させる術を失ったロイドはどう戦いを挑んでいくのか・・・。
---上記のあらすじは[テレビ番組表の記録]より引用---

最終回の感想「モヤモヤ&失笑」

結局、最終回は、ロイド(木村拓哉)が謎の美少女こと“ARX IX - THE LAST QUEEN”(以降“LQ”)(桐谷美玲)を倒すくだりに約40分が費やされ、エンドクレジット後にロイドが黎士(木村拓哉)になり?麻陽(柴咲コウ)と再会する一応感動的に見せようとしたエンディング部分の二部構成になっていた。

一時間中、物語自体もモヤモヤしたまま、所々失笑しながらの“LQ”との対決も、ほぼアクションは無くしょぼめなCGだし、ロケットみたいに二人(二体)が空中に飛び出して爆発。なんでプログラムとかOSとは目に見えないものを扱ってるのに、所々“5Dプリンター”とかチップとか物質を混ぜて、これまたわざとややこしく作るのかよく解らぬまま。

更に、エンドタイトルでメインタイトルが『A.I. knows LOVE?』から『A.I. knows LOVE!!』になるなんて、全くおしゃれに見えず、子供騙しかと思ってしまったし、その上続編や映画化もあり?みたいなのまで含ませるなら、もっと本編部分でしっかり描くべきを描いて欲しかった。

総括「もっと単純な楽しいSFを見たかった」

私は俳優・木村拓哉が好きだから、40歳になったキムタクが無表情でアンドロイド役を演じてるを見るのが、ぐるっと回って毎回面白かった。ただ、残念なのは中盤辺りからロイドはちょっと戦うとすぐに故障して充電と修理で出番少な目。なぜキムタクロイドのアクションをもっと魅せなかったのか?

それに全体の構成から言うと、とにかく謎を引っ張り過ぎ。謎の真相を知りたい視聴者を狙うのは悪くないが、謎の描き方もこれは謎なのか蛇足なのかわかりにくい描き方をしていたために、新キャラが登場する度にイライラと違和感が増大してしまった。もっと謎の交通整理をするべきだったと思う。

結果的に、第1話と最近の数話を観れば良かったように思う。これはこの世界観の作り込みが中途半端なのが原因だ。いや、脚本家や演出家には解っていたろうから、それを視聴者のために映像化する過程と結果が間違っていたと言うことになる。もっとシンプルに愛する人を守るために100年後からやっていた、これだけで良かったのではないだろうか…

あとがき

面白いところもありました。でも、黎士がいなくなってロイドが来てからの話が複雑過ぎたと思います。もっと楽しいSFにすれば良かったのでは。

最後に演技についてはあまり触れない当blogですが、遠藤憲一がこのドラマにピリリとよいアクセントになっていたと思います。そして、桐谷美玲さんは最後まで「ホントに台詞の意味を理解してる?」って感じが否めなかったです。そこが違ったらもっとSFらしさが高まったと思うんですけれど。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
安堂ロイド~A.I.knows LOVE?~オリジナル・サウンドトラック
安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~OFFICIAL BOOK (TOKYO NEWS MOOK 400号)
ターミネーター2 特別編 [Blu-ray]
アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5073/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/382802872.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

安堂ロイド A.I .knows LOVE? 最終回

ラストクイーン(桐谷美鈴)が未来のポリスクラウド、公安上層部、政治家たちを操っていたようです。 ロイド(木村拓哉)は、みんなの想いを受け取ってその力でラストクイーンに向かって行きますが・・・ 相手は最新型だし、アスラシステムも持っているし、ロイドはめちゃくちゃピンチです。 あわやと言うところをサプリ(本田翼)に助けられますが、ラストクイーンのシールドが張られているので、逃げ...

安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~ #10 最終回

『約束の時、想いは永遠に』

安堂ロイド A.I. knows LOVE? 第10話(終)★LQ(桐谷美玲)は空中爆発。ロイドは100年後の海底から…

安堂ロイド A.I. knows LOVE? 第10話(終)「約束の時、想いは永遠に」 退屈な『八重の桜』でさえ最終回は15分拡大したのに、制作費6,000万円の『安堂ロイド A.I. knows LOVE?』の最終回が時間拡大することなく普通に終わったは、打ち切りに近い感覚じゃなかろうか・・・。 −◆− ロイドがARX IX - THE LAST QUEEN(桐谷美玲)に「歴史...

安堂ロイド〜A.I.knowsLOVE?〜 第10話(最終回)

「約束の時、想いは永遠に」 内容 謎の少女(桐谷美玲)アンドロイド“ラストクイーン”の野望を阻止するため ロイド(木村拓哉)は、満身創痍の中、戦いを挑んでいくのだが、 アスラシステムが使えないロイドに、為すすべは無かった。 圧倒的な力の前に、トドメを刺され...

「安堂ロイド ~A.I. knows LOVE?~」最終回 感想

 七瀬がパソコンを打ち込んでいると、クイーンがやって来る。  七瀬はレイコになった振りをして油断させ、パソコンを操作。  「ママ、私を殺す気?」とクイーン。  クイーンは倒れる。

安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~ 最終話

「この世界の人間に生き続ける価値はあるか」 西荻さんの脚本に出てくる敵キャラの台詞の中二っぷりは 本当に痛々しい。 前から思ってたけど、今回つくづく思った。 面白いというか、 うん… でも角城はかっこよかった。 サプリがロイドと一緒になれて良かった! サプリファンとしては理想の最後でした。 でも何か不憫すぎ...

「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜」愛は100年後から戻った先に麻陽の約束を果たした黎士がそこにいた

「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜」最終話はARX IX − THE LAST QUEENの暴走を止めるべくロイドはARX IX − THE LAST QUEENとの最後の戦いに挑んでいく。七瀬が一度はARX IX − THE LAST QUEENに致命的なダ ...

神に代わって、お仕置きよ!・・・うわあ、やられたあ(木村拓哉)

おちゃめな妹と遊んであげる・・・すべてのお兄ちゃんに捧ぐドラマだったのか・・・。 まあ・・・そういう考え方もあるな。 物騒な妹を持つと苦労するんだよな。 俺の妹が人類を抹殺するわけがない・・・と思ってると抹殺しようとしたりするんだな。 どんだけ、物騒な妹なんだよ。 ロイドの製造年数47年、妹クイーン

安堂ロイド~A.I. knows LOVE? 簡単感想 #10 最終話

公式サイト 未来からのポリスクラウドのアンドロイドたちを操り、更には現代の公安上

【安堂ロイド】最終回(第10話)感想と視聴率

『安堂ロイド~A.I.knows LOVE?~』 最終話「約束の時、想いは永遠に

「安堂ロイド」最終回 ☆☆

そして、イケテナイ沫嶋黎士が戻って来たのでした。 溜まっていた8、9話録画分を跳ばして最終回だけ見てしまいましたw こういう見届け型は多いのでは。  アンドロイド同士の闘 ...

「安堂ロイド 最終話みた」

けっーきょく全部見た(笑)

安堂ロイド・陰陽屋へようこそ・リーガル・ハイ二期最終回感想

■安堂ロイド最終回 激しいバトル、熱血な会話合戦、ラストのハッピーな展開。少年漫画のバトルものみたいな最終回だったね。個人的には好きな内容でしたよ。ドラマじゃ普通やらないようなSF一直線をここまで貫いたんだからね。この企画に称賛です。 桐谷美玲がラスボスだったのもツボだったし。遺言ごっこは終わったか?のところサイコー!だった。。 もう少し設定背景が途中わかりやすければ、もっと感情移入で...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR