●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

東京バンドワゴン ~下町大家族物語 (第6話・11/16) 感想

日本テレビ『東京バンドワゴン ~下町大家族物語』公式
第6話『下町大家族物語~突然のプロポーズ!ずっと一緒に!』の感想。
なお、小路幸也氏の原作小説『東京バンドワゴン』シリーズは未読。


青(亀梨和也)とすずみ(多部未華子)の仲はなかなか進展せず、家族はもどかしい。そんな折、勘一(平泉成)に京都で開催される古書店の懇親会の案内状が届き、紺(金子ノブアキ)が青とすずみを行かせてはどうかと提案。仮病を使った勘一が、2人を承諾させる。一方、店で買い取った児童書の裏表紙に、子どもの文字で「ほったこんひとごろし」と書いてあるのが見つかり、花陽(尾澤ルナ)は‘恋愛系の恨み’だと推理する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

当初の神通力も弱小化?

劇中でも「暴力以外はLOVE」なんて台詞があった気がするが、もはやこうなると「なんでもLOVE」って感じで、当初の神通力が薄れてきているように思う。それが、何より残念…

京都の話だけで良かったような…

ただ、今回の京都での懇親会のくだりは、若干トントン拍子過ぎる点はあったものの、サブタイトルに偽り無しと言う意味でも、なかなか良い話に仕上がっていたと思う。

一方で、紺(金子ノブアキ)のくだりは、確かに恋愛も愛だから無関係とは言わないが、単純に大家族の話ってののアリバイづくりっぽくて、もう少し上手く京都の話と連動できなかったのかと思う。と言うか、京都だけで良かったかも?

あとがき

とりあえずいろんなことを「LOVE」ってことにして、玉置さんが歌えば、成立しちゃってるんですよね、本作は。そう言うつくり手の大雑把な部分を、観る側もざっくり楽しむ人が、このドラマで感動できるんだろうな。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
東京バンドワゴン (1) (集英社文庫)
シー・ラブズ・ユー (2) 東京バンドワゴン (集英社文庫) br /> スタンド・バイ・ミー (3) 東京バンドワゴン (集英社文庫) >
「東京バンドワゴン~下町大家族物語」オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4983/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/380438480.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東京バンドワゴン〜下町大家族物語 第6話

『下町大家族物語〜突然のプロポーズ!ずっと一緒に!』 内容 青(亀梨和也)の卒業文集を手に取るすずみ(多部未華子) そこには、小学校の頃の青の“東京バンドワゴン”への思いが綴られていた。 そんななか、青とすずみは、勘一(平泉成)に頼まれ、 京都で行われる...

【東京バンドワゴン ~下町大家族物語】 第6話 感想

『将来の夢』 堀田 青 「僕の将来の夢は『東京バンドワゴン』の四代目になって日本一   立派な古本屋を作ることです」 「古本屋とは、良い本に再び光を当てて、さらにより多くの人に読んでもらう  本屋のことです」 東京バンドワゴン ~下町大家族物語 第6話         小学校の時の青ちゃんの作文を読んで感動するすずみちゃん。 青さんって素敵です...

東京バンドワゴン~下町大家族物語 第6話

青(亀梨和也)とすずみ(多部未華子)は、堀田家で恋人として一緒に暮らすようになりますが、2人の仲はなかなか進展しないままでした。 そんな時、花陽(尾澤ルナ)が恋愛が気持ち悪いと言い出して・・・ そんな中、青とすずみは勘一(平泉成)から、京都で行われる古書店同士の懇親会に出席してほしいと頼まれます。 勘一はご丁寧に、仮病まで使っていましたw これは、青とすずみを2人きり...

東京バンドワゴン~下町大家族物語 #06

『突然のプロポーズ!ずっと一緒に!』

結婚してください(亀梨和也)てやんでえべらぼうめ(多部未華子)

実は尋常ではない一家である堀田家。 しかし・・・ラブだねの親父は別格としても・・・すずみの博識は敢然に異常なレベルと言えるだろう。 だってえ、女子大生なんだぜえ。 目利きの揃った古本屋の親父たちの鼻を明かすなんて・・・忘れてた・・・これはファンタジーなのだった。 さて・・・実はこのドラマでは「古本屋

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR