ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

[読書]夫は犬だと思えばいい。 (高濱正伸/著・集英社) 感想

夫は犬だと思えばいい。
【おススメ度】★★★★

【私的評価基準】(書籍用)
★★★★★  傑作!是非とも本棚に並べたい一冊。
★★★★  秀作!私が太鼓判を押せる一冊。
★★★☆☆  まぁまぁ。お小遣いに余裕があれば買っても良い。
★★☆☆☆  好き嫌いの分岐点。図書館で十分。
☆☆☆☆  他の時間とお金の有意義な使い方を模索すべし。

タイトルは衝撃的。でも前半は“育児の本”だ!

妻と出かけたある日、隣の妻が電車内で笑いを堪えてある本を読んでいた。私は本のカバーを外しすぐに元に戻した。それが本書との出会い。20年以上結婚生活を共にしている妻が大笑いしている本としては、夫には強烈なタイトル。

本書の全体の半分は育児書だ。学習塾を経営する著者らしい視点で書かれた、「妻が子育てに夫を協力させるには、男と女の性差を理解しましょう」と言う話。見方を変えれば“夫育て論”。

従って、前半の子育て論は、普通にお母さんと子どもの接し方が書かれている。たが、わかりやすくテンポも良い文章だから、学ぶ点が多いと思う。著者・高濱正伸氏の教育論が好きなら、更に有意義な一冊だと思う…

従来の夫操縦術をペットブーム風に…

そして後半が、"夫は犬だと思えばいい。"のくだりだ。本書の論点はこうだ。妻の多くは自分の話を夫が聞いてくれないと言う不満が多いと言う。そこで、

なぜ夫は妻の私の話を聞いてくれないのか?
―――同じ人間ではないと思いなさい。
―――犬だと思えばいいのです。
そして、なぜ“犬”なのかと言うと、
何より犬は飼い主に従順です。
犬に文句を言う人はいません。
褒めるのも効果的です。
これだけ読むと、男を何だと思ってるんだと頭に血が上る男性諸氏もいるだろう。しかし、よく読めば、従来からある夫操縦術と変わらない部分も多い。それを、今のペットブームに準えてわかりやすく書き改めた、そんな読み易さだ。

気楽に読むのが良いと思う…

だから、そんなに新しいものを期待せず、例えば育児が終わった(終わりそうな)夫に不満を持つ40代、50代の妻が気楽に読むのが良いと思う。また、40代、50代の夫が自分を振り返るきっかけに読むのも良いと思う。

もちろん、子育て真っ只中で夫婦のあり方に悩んでいるカップルなら、少しは気が楽になるかもしれない。

第4章には「妻を○○と思いなさい。」も…

男性側の意識改革にも触れられている。こちらは「女性に気に入られるようにしなさい」と言う内容で、“夫を犬”とはだいぶ異なる論点で話が進む。いずれにせよ、男女の性差を意識して夫婦生活をしましょうと言うことには、一理あると思う。

あとがき

読む人によっては、男性目線で女性蔑視している内容に思えると思います。男性の自己弁護や妻に母親要素を求める擁護と思う人もいるでしょう。

しかし、今一度、表紙を見て下さい。表紙の写真を、「可愛い犬がこちらをじっと見つめてくれている」と思う人が読めば良いんです。「飼い主が上から目線で犬を見下している」と思う人は読まない方が良いと思います。。

因みに私は、妻に言い過ぎたりした時、「今のは“ジョン”が言ったんだよ」と言って謝ってます…



     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
わが子を「ヤワな大人」にしない子育て
伸び続ける子が育つ お母さんの習慣
お母さんのための「女の子」の育て方
子どもを伸ばす父親、ダメにする父親 (角川oneテーマ21)

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4972/

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: