●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

海の上の診療所語 (第3話・10/28) 感想

フジテレビ『海の上の診療所』公式
第3話『瀬戸の花嫁』の感想。


小さな島・浮之島に降り立った航太(松田翔太)と眞子(武井咲)は、外来に来なかった千鶴(いしだあゆみ)の家へ。千鶴は認知症にかかり、それを知った娘・里花(夏帆)が5年ぶりに帰郷していた。千鶴は里花をヘルパーだと思い、娘の花嫁姿を見たいと話すばかり。
そんな中、里花から逆プロポーズされた航太は快諾し、早速、葵(藤原紀香)ら一同に船を下りると宣言する。だが、葵は里花の逆プロポーズには裏があると怪しむ。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

もうパターン化しちゃったの?

確かにマドンナや患者の設定は毎回異なるのだが、全体の流れや台詞回しまで、第3話でパターン化してしまったようで残念。これが良い意味での“型”ならよかったのだが、『あまちゃん』色までどんどん強くなると、オリジナリティすら感じにくくなってしまうのはどうだろう…

もう少し医療のくだりを…

『海の上の診療所』と言うタイトルの割に、どんどん医療の部分が少なくなっているのも残念。もうこれに尽きる…

あとがき

全体の雰囲気もエピソードそのものも悪くないと思うんです。でも、メリハリとかぐっとくる部分があるようでないようで。もう少し観ていて楽しい部分が欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
太陽の女神【完全生産限定盤】
太陽の女神【初回限定盤】


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4918/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/378844929.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

海の上の診療所 第3話

浮之島を訪れた航太(松田翔太)は、お年寄りばかりなのでやる気はまるでありませんw 帰りたがる航太ですが、眞子(武井咲)は気にせず、昨年、大腸がんの手術をした千鶴(いしだあゆみ)を往診します。 出迎えてくれたのは、千鶴の娘・里花(夏帆)でした。 里花のキレイさに飛びつく航太に、眞子はスリッパ攻撃を仕掛けていましたw 千鶴は認知症も患っているようです。 里花は千鶴と...

海の上の診療所 第3話

『瀬戸の花嫁』 内容 浮之島に往診にやって来た海診丸。 だが、昨年、大腸ガンの手術を受けた塩見千鶴(いしだあゆみ)が 外来に来なかったと、葵(藤原紀香)から聞き、心配する眞子(武井咲) その後、航太(松田翔太)と上陸した眞子は、千鶴宅へ往診へ向かう。 す...

「海の上の診療所」医療船の医療3突然の逆プロポーズに航太は何も考えずはいと答えるもその女性は結婚詐欺師とわかり愕然とするもその母親のために婚約者を演じた

「海の上の診療所」第3話は航太が訪れた小さな島・浮之島でラジオから流れる瀬戸の花嫁で盛り上がっていた。そんな中で訪れた家で航太はまたもある女性に一目惚れしその母親の血 ...

海の上の診療所三話&陰陽屋へようこそ四話感想

■海の上の診療所三話 「ちゃんとして!」って武井咲に言われたい人が見てるドラマ(笑)主人公が医者なのに、医療ものじゃない一話完結テイストの恋愛ドラマ、じゃない人情ドラマ。。 だって、恋愛もなにも、主人公がすぐに失恋して、しかも一話完結だからリベンジねえし(苦笑) ま、一話完結っていうより、一話一話でマドンナが違うってことだけど。 三話のマドンナは夏帆。結婚詐欺師だった(笑)けど、いい...

「海の上の診療所」第3話

第3話「瀬戸の花嫁」  

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR