相棒season12 (第2話・10/23) 感想

テレビ朝日『相棒season12』公式
第2話『殺人の定理』の感想。


右京(水谷豊)は、会社員・大倉(山本剛史)が殺された現場にダイイング・メッセージが残されていたと聞き、興味を抱く。部屋を調べると、大倉は趣味で数学の研究に取り組んでいたようだ。残された数式から、右京は大倉が「ファーガソンの定理」に取り組んでいたことに気付く。事件が起きた日に、数学者の肥後(岡田義徳)が証明に成功したと報道された世紀の難問だ。調べると、肥後と大倉は大学の同期生だった。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

面白かった!

話は少々複雑だったが、私は数学が好きだから、楽しく最後まで観ることが出来た。まっ、突っ込み所が無い訳でもないが、ドラマは楽しいのが一番大事だから、これで良いと思う。

右京が教育係みたいなのがちょっと…

ただ、ここへ来て、右京(水谷豊)と享(成宮寛貴)の“相棒”の事件などへの絡み方に少し違和感を覚える。いつも一緒に捜査をしているとは言え、享の仕草や口調や考え方まで右京に似てきてるのは、そう言うこともあるだろうってことでスルーしても良かろう。

一方、右京が退職後の享の委託教育係のように見えてしまう。二人仲良く事件解決するのは悪くないが、もう少し二人の現役刑事らしい緊張感を観てみたい。

長期シリーズ作品の面白さも見せて欲しい!

今回は国際的なサイバー犯罪と言う一面もあった。それならば、警視庁サイバー犯罪対策課の岩月彬(田中圭)か小田切亜紀(関めぐみ)に出演依頼をして欲しかった。それでなくても、前回で三浦信輔(大谷亮介)が依願退職して“トリオ・ザ・捜一”が無くなって寂しいのに…

その上、角田六郎(山西惇)がサイバー捜査までしちゃうと、何となく長年の馴染みの店も一気に雰囲気が変わったように感じて少々残念。長期シリーズならではの面白味より、新鮮味を選択しているのもわからなくもないが、寂しいのは確かだ。

あとがき

今回登場した天才数学者・肥後一二三(岡田義徳)のキャラクターに興味が湧きました。何せ以外にも右京さんと相性が良いみたいだし。今後、捜査協力って形で準レギュラー化したら面白いかも。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
相棒season12 オリジナルサウンドトラック (2枚組ALBUM)
「相棒 捜査一課 伊丹憲一」 オフィシャルフォトブック (ぴあMOOK)
みんなが好きな『相棒』特命研究ファイル ドラマ『相棒』が100倍おもしろくなる本
相棒 season 11 ブルーレイBOX (6枚組) [Blu-ray]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4903/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/378389996.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

相棒 「殺人の定理」〜1枚の紙で月に行く方法

 殺された大倉浩一(山本剛史)は次のような人物。 ・才能のある数学マニア。 ・素数の探究をしていた。 ・東国大使館員との接触。 ・銀行口座に謎の振り込み。  おそらくこれらのことで、右京(水谷豊)は、事件の背景に<暗号解読に関わる諜報問題>があることを把握...

「相棒 12」第2話

素数の謎… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310240001/ 【送料無料】相棒 season 11 ブルーレイBOX (6枚組) 【Blu-ray】 [ 水谷豊 ]価格:29,849円(税込、送料込)

相棒12 第2話

会社員の大倉(山本剛史)の遺体が自宅アパートで発見されました。 遺体のそばの透明な壁には、難しい数式が書かれてありましたが、一番下に血で書かれた「a drink」の文字を丸で囲うメッセージのようなものがありました。 米沢(六角精児)から、それらの事実を報告された右京さん(水谷豊)は早速、享(成宮寛貴)と捜査を開始します。 大倉の部屋へ来てみると、数学関係の本が並んでいて、ど...

相棒 season12 第02話 感想

 相棒 season12  第02話 『殺人の定理』 感想  次のページへ

相棒(12) 第2話

「殺人の定理」 内容 米沢(六角精児)に呼び出された右京(水谷豊)享(成宮寛貴) 電機メーカーに勤める大倉浩一(山本剛史)の遺体が自宅で発見された その遺体の近くには、血で書かれたと思われる“adrink”という文字。 ダイイングメッセージなのか?? 興味...

【相棒season12】第2話感想と視聴率「殺人の定理」

「殺人の定理」 第2話の視聴率は、初回の19.7%より下がって、17.0%(関東

【相棒season12】第2話感想と視聴率「殺人の定...

「殺人の定理」第2話の視聴率は、初回の19.7%より下がって、17.0%(関東)でした。裏に『SPEC』(8.5%)もありましたし、この位の落ちは仕方ないでしょう。今期...

相棒感想 相棒Season12 第2話「殺人の定理」

世界を壊す数式

相棒12 テレ朝(10/23)#02

第2話 殺人の定理 公式サイトから会社員・大倉(山本剛史)の遺体が自宅アパートで発見された。遺体のそばの壁には、血で「a drink」の文字を丸で囲うメッセージのようなものが。被害者が遺したダイイング・メッセージなのか? 右京(水谷豊)は、さっそく享(成宮寛貴)と捜査を開始。 現場の大倉の部屋へ来てみると、数学関係の本がズラリ。どうやら大倉は数学を趣味にしていたようだ。だととすると、ダイイン...

相棒 season12 第2話 殺人の定理 感想

イタミンも昔の雰囲気を取り戻して来たような。 公式HPよりあらすじ 会社員・大倉(山本剛史)の遺体が自宅アパートで発見された。遺体のそばの壁には、血で「a drink」の文字を丸で囲うメッセージのようなものが。被害者が遺したダイイング・メッセージなのか? 右京(水谷豊)は、さっそく享(成宮寛貴)と捜査を開始。現場の大倉の部屋へ来てみると、数学関係の本がズラリ。どうやら大倉は数...

相棒12第2話(10.23)

『殺人の定理』  脚本:金井寛 監督:和泉聖治 電機メーカー社員大倉@山本剛史の他殺体が 謎のダイイングメッセージと共に自宅で発見される 大倉は会社で社史編纂の仕事をする一方、数学の研究をしていた。 最近ファーガスの定理の証明を発表した大学教授肥後@岡田義徳は 大倉の大学時代の学友、 大倉は殺される一ヶ月前に肥後に書留を送っており、 殺されたのは肥後が定理の証明を発表した日の夜であった。 肥...

「相棒12」2 ☆☆

オープニング、カイトの髪型からくしゃくしゃ感とピンハネがなくなって、普通に。ちょっとさびしいかも。 今回の殺人被害者は数学愛好家。 ファーガスの定理を彼が解いたのに、同 ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR