独身貴族 (第2話・10/17) 感想

フジテレビ『独身貴族』公式
第2話『一夜限りのシンデレラ!!恋に落ちた独身貴族』の感想。


叔母・亜希子の命により、守(草なぎ剛)はやむなく玲子(平岩紙)との交際を続けていたが、ひょんなことから玲子を自宅マンションに招く羽目に。だが、彼女の行動全てが守の神経を逆なでする。ようやく玲子を送り出して解放感にひたる守は、行きつけの店に向かう途中で、居合わせたゆき(北川景子)を食事に誘う。一方、進(伊藤英明)は、離婚調停中の妻から、弁護士を通して1億円の慰謝料をふっかけられ、がくぜんとしていた。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

草なぎさんの演技の方向が固まってきたのが良い!

先週はパッとしない印象だった。しかし、今週は話が動き始め面白くなってきた。と言うよりも、草なぎさんが“星野守”と言う登場人物の演技に迷いが無くなってきたのが、物語の世界観が固定化されつつあると言うのが、全体の“本作らしさ”に繋がっているのだと思う。

もっと“本作らしさ”が欲しい!

メインの3人のキャラクターが明瞭なのも悪くないし、3人が上手く絡み合って物語が紡がれていく様もいい感じ。ただ、それ以外の部分を見ると、あまり“本作らしさ”があるかと思えば残念だ。映画づくりに関わる人間たちの心や情熱の魅せ方も工夫が必要だと思う。決してどこかで観たような…にならないように。

あとがき

映画づくりの部分は興味深いし楽しいのですが、正直ドラマのタイトルである『独身貴族』の部分はあまり楽しめていません。次回からどういう展開になるのか、様子見します…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4887/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/377840604.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

独身貴族 #02

『一夜限りのシンデレラ!!恋に落ちた独身貴族』

独身貴族 第2話

『一夜限りのシンデレラ!!恋に落ちた独身貴族』 内容 高倉(津川雅彦)から脚本をもらえなかった守(草なぎ剛) そんなとき、目の前に。。。1本の脚本が。 春野ゆき(北川景子)という脚本家志望の女性が書いたモノだった。 時間がないため、守は、その脚本を“日本映...

「独身貴族」第2話 感想

 ゴルフ場で玲子とデート中、また山手線の駅名を言ってる守。  でも相手の話を聞いてないので、家を訪れる約束をしてるのに気が付かず。叔母からそれを聞かされ驚愕。  風水に請ってる彼女の言動を妄想して絶望的になっています。  高級靴の皮の匂いで癒されるシーンが最高でした。

独身貴族二話&クロコーチ二話感想

■独身貴族二話 題名と内容が違うような気がするぞ(笑)個人的にドラマの出す雰囲気好きですね。北川景子がいい感じだし、映画の音楽がさりげなくBGMで流れてくる使い方もいい。 草彅剛がだいぶ偏屈なんだけど、一本筋通っている部分がいいし、その弟役の伊藤英明も役にはまってる。だんだん盛り上がってきそうな感じ。 しかし草彅、平岩紙の話を聞いてないで山手線数えてるのはどうなのかなって(笑)男から見...

独身貴族 Episode2:一夜限りのシンデレラ!!恋に落ちた独身貴族

守、いい人・・・(ё_ё)ウフッ いやぁ〜、前回ゆきの脚本を高倉のものとして提出したかのような描写が あった際には、てっきり守の指示なのかと思って、こんな不誠実な奴が 主人公のドラマなんて見るのやめよっかな〜とさえ思ってたけど、そうでないと わかったら俄然面白...

独身貴族 #02

公式サイト 守(草彅剛)は、ゆき(北川景子)が書いた脚本を、手直ししていけばよく

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR