●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

リーガルハイ 第2シリーズ (第2話・10/16) 感想

フジテレビ『リーガルハイ 第2シリーズ』公式
第2話『逆ギレ天才起業家~“つぶやいたら”名誉毀損?』の感想。
なお、『リーガル・ハイ 第1シリーズ』は鑑賞済み。


所得隠しなどの容疑で服役していたIT企業の元社長・鮎川(佐藤隆太)が出所後、名誉棄損で各メディアを告訴。金もうけのチャンスとにらんだ古美門(堺雅人)は、鮎川に売り込みに行くが断られる。弁護士を雇わず自ら法廷に立った鮎川の前に名だたる弁護士たちも完敗。そんな中、古美門は、鮎川をモデルにした漫画の作者・たま(谷村美月)の共同弁護を、弁護士に転じてたまを支援する羽生(岡田将生)から持ち掛けられる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

古美門研介、パワーアップして復活!

第1話でレギュラーメンバーが増員した第2シリーズが本格始動。どうやら天才・古美門研介が新メンバーたちの面倒を看つつと言うことになるらしい。

それにしても、レギュラーが増えてもあの強烈キャラの主人公が埋没するとは思わなかったが、相変わらず小ネタ満載でパワーアップして復活してきた。特に、複数の裁判を同時進行させて、個々のキャラを活かしつつ、主人公を際立たせる構成の仕掛けはなかなかのものだ。

あとがき

第1シリーズの古美門法律事務所VS三木法事務所の構造がすっかり影を潜めたのは、本作のファンとしては少々残念。また、若干詰め込み過ぎ感も否めない。でも、このテンポの良さとそれぞれのキャラの面白さを上手いバランスで成立させてるのは他のドラマで味わえないものです。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
an・an PLUS×リーガルハイ 伝え上手になる話し方 (マガジンハウスムック)
オリ☆スタ 2013年 10/14号 [雑誌]
オトナファミ 2013年 11月号 [雑誌]
「リーガルハイ」公式BOOK 古美門研介 再会記


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4883/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/377735044.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リーガルハイ2 第1&2話 感想

古美門先生が負けた!? 衝撃的な敗訴からの第二期です。初めての黒星に茫然自失、服部さんにすがっておいおい泣き出してしまう子供っぽさ。あげくのはてには温室にこもって「植物になる」と言い出す始末。 こういう所があるから憎めないキャラなのですよね(ノ∀`) ですが、それで終わってしまっては古美門先生じゃない。 真知子の言葉にあっさり復活。 被告の安藤貴和はとある女...

リーガルハイ(2期) #2 感想

vol.02 あなたとは違うん(です)だよ! 所謂…ホリ○モン回でした(゚∀゚) またもや半沢(ねじ工場などw)も登場。 小ネタが面白いですね。

リーガルハイ2 第2話

古美門(堺雅人)と真知子(新垣結衣)は、事務員の服部さん(里見浩太朗)から、ある動画サイトを見せられます。 それは、若くして会社を次々と買収した鮎川(佐藤隆太)のインタビューでした。 インサイダー取引などの容疑で実刑判決を受けて、出所したばかりの鮎川は、自分を誹謗中傷したマスコミを訴えると息巻いていました。 服部さんは、鮎川が起こす訴訟に絡み、法律事務所に依頼が飛び交ってい...

「リーガルハイ2」第2話★鮎川(佐藤隆太)は『海猿』か『南部ダイバー』か!?

「リーガルハイ2」第2話 前回も書いたけど、ファーストシーズンと何か違う気がするんですよねぇ。 たとえば古美門研介(堺雅人)そのものも微妙にキャラが違ってるような・・・。 ウルトラマンとウルトラマンジャックぐらいの差があるように思えるんですが・・・。 −◆− ある日の事務所の風景。 古美門「君を持ち込んだ底なし沼のような案件のせいで敗北とも言える判決を受け、しかもその復讐...

そんなに私に好意があるの?(新垣結衣)嫌い嫌いも好きのうち!(谷村美月)

早くも主人公がタイトル落ちかよっ。 分かる人には分かるから・・・。 ま、「リーガル天才(堺雅人)VSマイブーム天才(佐藤隆太)」じゃ、昭和の漫才とかみうらじゅんの匂いがするしな。 久しぶりに楽しい佐藤隆太でホッとするよね。 とにかく・・・出演者が楽しいそうっていうか・・・その特質を研究されているのが

「リーガルハイ」第2話

マイブーム… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310170003/ 【送料無料】リーガル・ハイ Blu-ray BOX 【Blu-ray】 [ 堺雅人 ]価格:20,727円(税込、送料込)

『リーガルハイ』♯02

逆ギレ天才起業家〜“つぶやいたら” 名誉棄損?

リーガルハイ(2013) 2話

公式サイト 若くして会社を創設、一流会社を次々と買収し“時代が生んだ天才”と謳わ

「リーガルハイ 第2期」第2話

第2話「逆ギレ天才起業家~“つぶやいたら"名誉毀損?」                         視聴率16・8%

リーガルハイ(2)第2話

『逆ギレ天才起業家〜“つぶやいたら”名誉毀損?』 内容 “敗北”後も、貴和(小雪)の説得を続ける古美門(堺雅人)黛(新垣結衣) このままでは、死刑が確定するといっても、上告を拒否。 そんななか、服部(里見浩太朗)から、ある動画を見せられる。 “時代が生んだ天...

【リーガルハイ】(2期) 第2話 感想

誰が得するんでしょう? この爆弾が爆発したらプライバシーの暴露合戦になる。 玉川さんもお父さんも鮎川もみんなが傷つく。 裁判とはそういうものじゃ! 僕はそう思いません。 双方がウィンウィンになる道を見つけるために裁判はあるはずです! ウィンウィン? 羽生君。敗者がいるから勝者がいるんだ!! 訴訟は勝つか負けるかのギャンブルだ~! カンカンカン…! ...

「リーガルハイ 2」 第2話 逆ギレ天才企業家〜 " つぶやいたら" 名誉棄損?

 勝つか負けるか、その答えの後ろには人間の複雑な心理と隠された思いがありました。 裁判は結果が出て、お互いが新たな道を見出すまでが裁判ですぞ〜。 裁判というショーの中で ...

『リーガル・ハイ 第2シリーズ』第二話

一話完結スタイルに戻ったようで何より。 でも顔芸とか今回の裁判の戦い方とか、随分と今シリーズはポップだなぁ。 次はもうちょっと理屈で戦っている感じが観たい。 でも毎回変 ...

ダンダリン三話&リーガルハイ二期二話感想

■ダンダリン三話 三話目になってだいぶ馴染んだというか、楽しくなっています。竹内結子の段田凛が、変人で融通が利かないんだけど、まあそれが見てて面白い。労働基準監督署って、一応逮捕できる権限があるのね(笑)実際使わないんだろうけど。。 他のキャストも地味に演じてるけど、コントっぽい会話がおもしろい。 リーガルハイと同じ時間枠でやっているのが残念。ずらして欲しかったよな~両方見てるわけだから。

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR