ごちそうさん (第7回・10/7) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『ごちそうさん』公式
第2週『黄身と出会った』【第7回】の感想。


大正11年。め以子(杏)は17歳。祖母のトラは亡くなったが、大五(原田泰造)とイク(財前直見)の洋食屋は好調だ。相変わらず食いしん坊のめ以子は背の高いことが唯一の悩み。親友の桜子(前田亜季)、民子(宮島麻衣)と、のんきな女学生生活を送っている。
ある日カフェで、め以子は帝大生(東出昌大)の服に生クリームを飛ばしてしまう。あわてて拭おうとしため以子だが並外れて長身の帝大生に大阪弁で断られて口論になる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

演技指導を見直した方が良いのでは?

め以子役が豊嶋花さんから杏さんなっても、全身クネクネと顔面デフォルメの演技指導は変わっていなかった。二人の成長を描くと言う意味で、二人の俳優に似た演技をさせるのは悪いと思わない。むしろ、よく仕上がってると思う。

ただ、これをどう思うかは視聴者個人の好みの問題だ。私には、強引にめ以子に大食漢や世間知らずのイメージを植え付けようとし過ぎに見えるし、残念ながら演じる杏さんにも無理矢理感が否めない。

め以子がきちんと躾けられていないとか、そう言う劇中の設定の話以前のこととして、演出家の俳優への演技指導を見直したらどうかと思う。オーバーアクションで料理の美味しさや主人公の特徴を魅せようとしても、むしろ逆効果になることもあるのだから…

食べてる時以外の主人公の生活を見せて欲しい!

“食生活が人生を変える”なんてことを耳にするが、それは日常生活の中での食の部分を見直すことで人生を変えられると言う意味だと思う。何を言いたいかと言うと、本作では第7回まで、主人公は何かを食べ「おいしい」と言ってるだけの印象しか残っていない。

本作は『朝ドラ』だ。グルメリポート番組で無い。ならば、いくら俳優が美味しそうな食べ物を食べているシーンを繋げても、それはそれでしかない。最低限、主人公の日常のシーンの一部(大きな一部でも構わない)として描かれないと、最も肝心なヒロインへの興味関心や感情移入さえもできないと思う…

あとがき

「先週の方が良かったかも」と言うのが今の気持ちです。やはり「観ていればそのうち何か始まる」的な脚本や演出で引っ張るにも限界があると思います。もう少し何とかなりませんかねえ。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 ごちそうさん Part1 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 ごちそうさん 完全ノベライズ (上)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4853/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/376818935.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
1 2 3 4 5 6

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ごちそうさん

「リーガル・ハイ」の、ふとした台詞から興味をもち、「梅ちゃん先生」から朝ドラを見始めた身としては、 梅ちゃんの癒され感に、ほっこりし 「純と愛」の、斬新さ、というか、チャレンジ精神?にもびっくりしたけれど、(ヒロインの夏菜、好きな俳優さんで注目してただけに、ちょっと空振りの不遇続きで、ちょっとお気の毒でした) さらに上をいく「あまちゃん」のぶっとびように感動して、 今...

ごちそうさん 第7回★若大吉=東出昌大は背が高くて「通天閣」

連続テレビ小説「ごちそうさん」第7回(10月7日) とっぱしは先週のおさらいから始まりました。 食い意地が汚い め以子(豊嶋花)に難儀してたのでもう見たくない場面・・・。 −◆− 朝ご飯。 お茶碗に大盛りのご飯を左手にもった め以子(杏)。 おかずのアジが美味くて「うん、う〜〜ん!」 子供の頃からの満足表現。 豊嶋花のネチコすぎる演技よりはサラッとしてるけど、それ...

ごちそうさん 第7回

『黄身と出会った』 内容 祖母が亡くなり、10年あまり経ち、17歳となっため以子(杏)も女学生。 そのころ大五(原田泰造)の店は以前とは様変わり、いろいろなことを取り入れ、 少し繁盛するようになっていた。 おかげで、今まで以上にイク(財前直見)は大忙し。 ...

NHK朝ドラ【ごちそうさん】第7回 感想

大正11年。 め以子(杏)は17歳。祖母のトラは亡くなったが、大五(原田泰造)とイク(財前直見)の 洋食屋は好調だ。 相変わらず食いしん坊のめ以子は背の高いことが唯一の悩み。 親友の桜子(前田亜季)、民子(宮島麻衣)と、のんきな女学生生活を送っている。 ある日カフェで、め以子は帝大生(東出昌大)の服に生クリームを飛ばしてしまう。 あわてて拭おうとしため以子だが並外れて長身の帝大生...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR