ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

「神様のベレー帽~手塚治虫のブラックジャック創作秘話~」関西テレビ開局55周年記念ドラドラマ (9/24) 感想

関西テレビ放送 開局55周年記念ドラマ『神様のベレー帽~手塚治虫のブラックジャック創作秘話~』公式 / 2013年9月24日放送)
『(ラテ欄)誰も見たことのない手塚治虫ドラマ!マンガの神様も人間だ!「僕に出来るんだから、あなたにだって出来ます!」“草ナギ剛の手塚治虫"が熱い情熱を私達の心に伝えます。』の感想。
なお、宮崎克原作、吉本浩二漫画『ブラック・ジャック創作秘話~手塚治虫の仕事場から~』は未読。

こう言う切り口もありだと思う…

いつものように原作は未読、事前情報もほぼ無し状態。単純なテレビドラマとしての感想。
手塚治虫氏の秘話に、「僕に出来るんだから、あなたにだって出来ます!」と言う少年漫画的なテーマを加えたドラマにするため、女性新米編集部員がタイムスリップし、本物の手塚氏と出会い成長して、現代に戻ってくると言うお伽話風に仕立てたのは、面白いアイデアだと思う。

ただ、全編がほぼその新米編集者・小田町咲良(大島優子)の目線で描かかれると言うのは、好みが分かれるかもしれない。結果的に咲良が主人公のようになってしまったからだ。私はドキュメンタリー的な部分に再現ドラマみたいな語り口でも良かったと思う…

編集がもっと良ければ…

なぜなら、全体の演出、特に編集が咲良に重きを置き過ぎているように感じたからだ。当然、様々な大人の事情もあるだろう。それならば、編集、特に咲良のナレーション処理に気を遣うべきだったと思う。これが上手くいけば、かなり叙情的な表現が高まって、面白い作品になったのに…

例えば、90分過ぎ頃、床に寝てしまった手塚治虫(草なぎ剛)を見て咲良が語るシーン。音楽と共にスタートし曲終わりまで約1分半。状況説明とテーマ提示が行われるが、映像と語りのタイミングが合っておらず、しっくりこない。他にも映像に対して、語りが間延びし過ぎたりした場面が多かったのが残念。

あとがき

草なぎ剛さん、佐藤浩市さん、大島優子さん他の出演者の皆さんも、役柄に新鮮味があって良かったです。草なぎさんの手塚治虫役も、新解釈とも見られましたし、頑固で変人で優しい人柄が合っていたように思います。

あともう少し自叙伝の部分とタイムスリップの重なりの部分が、自然に馴染んでたらもっと“手塚治虫の生きざま”が描けたと思います。でも、面白かったです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ブラック・ジャック創作秘話~手塚治虫の仕事場から~ (少年チャンピオン・コミックス・エクストラ)
手塚先生、締め切り過ぎてます! (集英社新書 490H)
神様の伴走者 手塚番13+2
NHK特集 手塚治虫・創作の秘密 [DVD]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4826/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

神様のベレー帽~手塚治虫のブラック・ジャック創作秘話

なにげに、キャスティングが豪華だなぁ… と思ってたら、「関西テレビ放送開局55周年記念ドラマ」だったのですね。 原作は、原作:宮﨑克 漫画:吉本浩二の、人気コミック。『ブラック・ジャック創作秘話~手塚治虫の仕事場から~』(宝島社の『このマンガがすごい!』2012年オトコ編1位を受賞) ひょうひょうとした持ち味で、途方も無い才能爆発! 常人離れした情熱を傾ける、手塚治虫役に、草彅剛...

神様のベレー帽〜手塚治虫のブラック・ジャック創作秘話〜

『誰も見たことのない手塚治虫ドラマ。マンガの神様も人間だ。僕に出来るんだから、あなたにだって出来ます』 内容 イマイチ、やる気の無い編集者の小田町咲良(大島優子) 先輩・石坂嗣雄(田中圭)から注意ばかり受ける毎日を送っていた。 そんななか“手塚治虫”の特集...

神様のベレー帽~手塚治虫のブラック・ジャック創作秘話~

秋田書店の新人編集者・小田町咲良(大島優子)は、仕事に情熱を持てずにやる気のなさ全開です。 先輩編集者・石坂(田中圭)からは、度々、咲良の態度を注意されます。 ちょうど咲良は手塚治虫の記事を書いていましたが、ネットからの受け売りの切り張りのような仕事を見た石坂は、彼女を書庫へ連れて行って、手塚治虫のブラック・ジャックのコミックスを今日中に読むように言い渡します。 編集者なの...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: