●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

DOCTORS 2 最強の名医 (第6話・8/15) 感想

テレ朝『DOCTORS 2 最強の名医』公式
第6話『次のターゲットは!?手術拒否の患者の謎』の感想。

渡り廊下の撮り方一つで、堂上病院の将来を魅せる!

本編の感想に入る前に、ちょっと気になったこと。実は第1シリーズ+第6話となり、ロケ地の二つの病院も変わらず、少し画(キャメラアングルなど)のマンネリ化が気なっていた。ところが、今回は劇中で幾度も登場するあの“ガラス張りの渡り廊下”の演出・撮影が凝っていて斬新だった。

冒頭の相良(沢村一樹)と千住(斉藤陽一郎)とのやりとりが代表的だった。いつもはキャメラは渡り廊下の中から人物を撮るカットを、渡り廊下の外(地面から)から撮るカットで挟む形で編集することで、渡り廊下の場所の説明とそこで行われる演技を別に扱っていた。

ところが、今回は違った。キャメラは常に渡り廊下と屋外に1台ずつあって、会話全体を廊下の内外からのカットを組み合わせて編集してあった。この演出と撮影手法によって、これまで渡り廊下で話されることは“密室的”だったのに、今回からは、その密室的な話を“誰かが盗み聞き”しているかもしれないと言う緊張や不安を表現したのだと思う。

前回よりも相良自身が心の内をどんどん表に見せつつ、その奥のモノは誰にも見せなくなった。おかげで和枝(伊藤蘭)は相良に振り回されるのだが、中盤で相良と和江が渡り廊下で話すシーンは、いつもと違う屋上から廊下を見下ろすカットが使われた。今まで仲間として同じラインに立っていた二人を、上から目線で描くことで、この二人にもっと大きな何かが始まる、そんな予感をさせるのに18秒間のゆっくりのズームアップはとても効果的だったと思う。

どの大問題も目が離せない面白さ!

今回は、相良の院長問題と松田(小日向文世)との関係、入院患者・田代(田山涼成)の治療問題と、いよいよ同時多発的に問題勃発と、最終章への前哨戦とでも言おうか。そのため、全体的には大きく話が進むことは無かったが、良い感じであちこちにネタが散りばめられたと言えるだろう。

相良も「僕は、ここの院長になろうと思っています」と明言するのだが、手術シーンや患者とのやり取り自体があまり無かったため、少々見せ場不足だったのが残念。この先どうなるのかとても興味はあるだけに、1話に一度はの主人公の“魅せ場”があった方が良かった。でないと、引き伸ばし感が目立ってしまうから…

あとがき

銀行に裏で手を回すなんて相良らしい手口ですね。森山も純粋さが際立ってきて、腹黒い相良との関係も、世襲できるかどうかの大問題に発展し、ますます面白くなりそう。
あとはもう少し看護師やMRの翔子(滝沢沙織)がコメディ担当以外でもっと物語に関わると面白くなりそうな気がします。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
DOCTORS 最強の名医 (朝日文庫)
テレビ朝日木曜ドラマ「DOCTORS~最強の名医」オリジナルサウンドトラック
DOCTORS 最強の名医 Blu-ray BOX


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4726/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/372127717.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想/第2シリーズ】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

DOCTORS 2 最強の名医 #06

『次のターゲットは!?手術拒否の患者の謎』

DOCTORS 2〜 最強の名医 第6話

『次のターゲットは!?手術拒否の患者の謎』 内容 相良(沢村一樹)が、たまき院長(野際陽子)にホスピスの設立を提案する。 銀行が、きっと融資してくれるはずだと。 そのうえ、

「DOCTORS2 最強の名医」第6話

第6話「次のターゲットは!?手術拒否の患者の謎」   

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR