●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

東京ディズニーシー カクテル好きに【悲報】メニュー掲載以外のカクテル提供不可へ@テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ

【追記 2014/7/8 08:55】
本件は、2014年7月1日のメニュー改定で、だいぶ緩和されました。詳しくは、最新の記事をお読み下さい。
東京ディズニーシー カクテル好きに【朗報】1年ぶりのメニュー大刷新でホワイトレディ復活@テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ

まえがき

今回の記事は、ディズニーが好きで、東京ディズニーシーが好きで、その中のテディ・ルーズヴェルト・ラウンジ(以下:『テディ』と略 / 公式サイト)が好きな、一人のカクテル好きの愚痴です。
既にメニューが変わって1ケ月半経ったので、胸に詰まっていたものを書きます…

メニュー改定で、注文できることと出来ないこと!

『テディ』のメニューが7月1日から大幅に改定された。そこで先月のある日、キャストに詳しく聞いてきた。結論は以下の通り。

注文可能なカクテルは以下のみ。
 ・メニューに掲載されているもの(49種)
 ・アンダーメニューにあるもの(数は敢えて伏せます)
アンダーメニューとは、メニューには掲載されていないが、キャストが受注の際に手元で操作するハンディーターミナルと言う機器のシステムには入っており(ここが後述で重要!)、許可が出ているメニューのこと。
7月から注文できないことは、
 ・カクテル・レシピのカスタムメイド(一部OK)
 ・過去のオリジナルカクテル(一部OK)
例えば、カクテルのベースのスピリッツの変更、ベースのウィスキー等の銘柄指定もダメ。ショット売りも価格設定があるものだけ。バックバーや在庫である酒も、指定の飲み方以外は認めないと言うことだ。

“カスタムメイド”だって、バーの楽しみだと思う!

カウンターで飲んでいると、よくある注文が
  「カクテルのアルコール度数を下げて欲しい」
と言うものだ。これまではバーテンダー(ここでは敢えてキャストと書かない)が、カクテルによって適量のソーダ(炭酸)や水を加えて調整していた。

しかし、これが、“カスタムメイド=レシピ変更”に当たり出来なくなった。、水で薄めるのも“レシピ変更”だと言う。もちろん、自分で水(冷水)を注文して、自分で薄めるならOKだ。

“食の安全”は守るべき。
でも、“食の楽しみ”も守って欲しい!

では、そもそも何故こうなってしまったのか。これらの理由は、“食の安全”の徹底だと言う。もちろん、提供する側の責任として、バーテンダーのさじ加減であれこれやられ、管理不行き届きになるのを恐れるのは解る。

しかし、テディがラウンジでありバーであるなら、そこにいるバーテンダーたちの“微妙なさじ加減”こそが、ディズニーキャストとしての崇高なパフォーマンスとは言い過ぎだろうか。

“夢がかなう場所”だから、望みをつなぎたい!

“夢がかなう場所”、これが東京ディズニーリゾートのCMのテーマだ。そこで、今回の愚痴の最後に、私の儚い夢を書いてみる。それが、上記で触れた“まだ店内の販売システムにはデータが残っている”のを活用することだ。

そこには数千にも及ぶカクテルや材料、単価が入力されていると言う。ここに項目を新規登録するのも削除するのも大変な労力がかかる。そのため、今回はゲストが見る“メニュー表”だけ刷新したそうだ。

そこで皆さんに提案。ゲストの声が増えれば、今は注文不可(6月まではOKだった)のメニューが、アンダーメニューに格上げされる可能性はゼロで無いと言う夢だ。ディズニーシーが好きで、カクテルが好きな皆さん、“夢がかなう場所”で、もう一度夢をかなえませんか!

あとがき

うーん、残念の一言です。『テディ』は、“バーカウンター”と言う場所で、ディズニーの徹底されたサービスを、バーテンダーと言うキャストから直接感じ取れる貴重な場所だったんです。

もちろん「飲む物が無い」とは言いませんが、目の前にある材料でカクテルを作れないキャストと、作ってもらえないゲストが、目と目を合わせるのはとても淋しいのです…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ウォルト・ディズニー すべては夢みることから始まる (PHP文庫)
ウォルト・ディズニーの言葉 ~今、我々は夢がかなえられる世界に生きている~
ウォルト・ディズニーの夢を叶える言葉
ディズニー精神が教えてくれる心がつながる魔法


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4721/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR