Woman (第6話・8/7) 感想

日テレ『Woman』公式
第6話『生きるための嘘、我が子のために』の感想。

状況より人物を描いて欲しい…

話が進んだようで、進んでないようで。これまで「主人公が不幸過ぎて観るのが辛い」と書いてきた。確かに言葉で書くとそうなのだが、もう第6話で折り返し地点だろうから、きちんと書こうと思う。

正確に書くと、脚本や演出で「主人公を不幸そうに見せてるだけだから、観るのが辛い」のだ。小春(満島ひかり)の置かれている境遇は、正に不幸だし悲劇だと思う。ただ、小春の行動を見ていると意外と余裕があると言うか、切羽詰っていないように見えてしまう。

小春の周辺では、次々といろんなことが起こるが、どうも「不幸」や「過去」を無理に描こうとし過ぎて、肝心の小春や小春の家族の描写が疎かになってやしないだろうか。ドラマは状況を描くのでなく、登場人物を描くことだと思うのだが…

あとがき

話の先は気になりますが、それよりもこの“煽る”脚本や演出を見るのが疲れますね。第6話まで観たのですが、このまま煽り続けるんでしょうか…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
日本テレビ系水曜ドラマ「Woman」オリジナル・サウンドトラック
日本テレビ系水曜夜10時ドラマ「Woman」主題歌 Voice(初回盤)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4702/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/371432988.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「Woman」シングルマザーの現実6生きるために暮らしたくない母と暮らします!小春は自らの命と子供の命を守るため紗千の実家で苦渋の同居を始めた

「Woman」第6話は小春は自身の病気を治療するために治療費を確保するために暮らしたくない紗千の実家に住む事を苦渋の選択で決める。紗千には病気の事を一切言わず嘘をついてここ ...

Woman 第6話:生きるための嘘、我が子のために

信さんの手紙!?�(`□´/)/ ナニィィイイイ!! 小春にあてたらしい手紙が何故そこに保管してあるのか? そしてどんな内容なのか? ロッヂ長兵衛に向かう車中で、お父さんと旅

Woman #06

『生きるための嘘、我が子のために』

【Woman】 第6話 感想

ずっとこうなんでしょうね。 私達は昔、娘と母だったけど。 今は別々の…。 別々の場所で生きている2人の母親だから。 お互いのこと一番に思うことは、もうないんでしょうね。 ...

海の水と美しい空と山の水と夜の河の淵とWoman(臼田あさ美)

闇の中の地球は大循環を行っている。 太陽熱によって海水は昇天し雲海となり降雨して山の水となり流水して川となる。 その川の辺で人間は生きている。 水が海に帰るように・・・人の...

満島ひかり「Woman」第6話★骨髄、嘘、水辺の帽子と栞(二階堂ふみ)、マフラー

満島ひかり「Woman」第6話 「生きるための嘘、我が子のために」 澤村医師(高橋一生)が自分の妻も小春(満島ひかり)と同じ病気で死んだのだとサラっと呟き「僕の骨髄では適合し

Woman 第6話

『生きるための嘘、我が子のために』 内容 病状の悪化を実感し始めた小春(満島ひかり) 澤村(高橋一生)と藍子(谷村美月)に諭され、決意する。 子供たちを連れ、植杉家へと向か

Woman #06

公式サイト 自身の病状の悪化を自覚した小春(満島ひかり)は、望海(鈴木梨央)と陸

【Woman】第6話感想と視聴率最高♪

今日も暑いです。横浜は最高気温34℃ですが、それ以上の所、沢山ありそうですね(汗) 第6話の視聴率、前回の12.6%より上がって、14.7%でした♪このドラマの最高視聴率でした♪(...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR