●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

救命病棟24時(5) (第2話・7/16) 感想

フジ・『救命病棟24時 - 第5シリーズ』公式
第2話『生まれる命、奪われる命』の感想。

『4』までの“小島楓”では主役は厳しくないか?

第2話を観て、次週から感想を書くのを止めようと思い始めている。その理由は、過去の『救命病棟24時』の面白さを感じないからだ。今日の感想は、過去のシリーズを観た人で無いと解り辛いかもしれないが、敢えて書いてみる。

これまでの同作の主人公は、何れも強烈な人格を持ち合わせていた。どんなに患者が増えても、どんなに上司とぶつかっても、どんなに大きな事件が降り注いでも、いつも立ち位置も佇まいも一緒で、目の前の問題を次々と解決してきた。そしてそんな職場の嵐の中で、右往左往してきたのが今回の主人公“小島楓(松嶋菜々子)”だ。

そう、本作における“小島楓”は主役を担える強靭なキャラクター設定ではないのだ。飽くまで主役の横にいるキャラクター。だから、強い自我を持つ新キャラである夏目(時任三郎)や本庄(佐々木蔵之介)が物語上で目立ち活躍してしまうのは当然のこと。だって、この二人こそ“小島楓”の足りない部分を補うための役だからだ。

“小島楓”の設定を変えて、主役級にすればいい!

では、このまま過去の『救命病棟24時』の看板だけを背負って、中身は違うドラマで良いとは思わない。第3話からでも、あのワクワク緊張しつつ楽しかったドラマに戻って欲しいと思う。

そこで、妙に医局長と言う肩書に拘りもがくのでなく、新人時代からへまやドジを繰り返してきたあの新人医師“小島楓”が成長し、今や救命病棟をバリバリ仕切り、新キャラの二人とも対等にやり合うと言う、単純な話で良いと思う。

番組の最後の方で、研修医・広瀬(風間俊介)に小島が、自分が救命医になろうと決心した時のエピソードが語られた。このような部分をもっと上手く魅せていけば、“小島楓成長物語”として再スタートできると思うのだ。


スーパードクターが大活躍するこれまでの『救命病棟24時』とは異なる方向でスタートした本作。大人の事情があるようだが、それはつくり手側のこと。こうなれば、スーパードクターで無い小島楓を、どこまでも前面に押し出して、活躍させて欲しいと思います。

要は“小島楓”のスピンオフドラマとして、確立させたら良いと思うんです。過去のシーンもふんだんに使って。そうしたら、あの雰囲気が戻ってくると思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
さぁ鐘を鳴らせ/ MADE OF GOLD -featuring DABADA -(初回限定盤)(DVD付)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4632/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/369481281.html でも、受け付けております。


【これまでの感想】
第1話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

救命病棟24時 #02

『生まれる命、奪われる命』

救命病棟24時 第2話

同時に事故と事件が発生したために、楓(松嶋菜々子)は夜間の当直にもつかなくてはいけなくなります。 運び込まれた患者さんの数が半端ないので・・・ 昨日、警察官に伴われた

救命病棟24時(5)第2話

『生まれる命、奪われる命』 内容 事件により、多くの負傷者が運ばれて来た湊大学付属病院。 楓(松嶋菜々子)たちは、処置をしていくが、混乱が増すばかり。 そこへ、別の事件で運

「救命病棟24時(5)」2 ☆☆

赤ちゃんはいいよねー。でもねー、な回。 冒頭のカンファレンスで ・医局長は手術よりトリアージして全体をみるべき。 ・医局長はやる気のない医師が早退を申し出てもキレずに止

今週のドラマ

・半沢直樹第2話(7.14) 5億の不良債権の回収を迫られた半沢直樹@堺雅人は 東田社長@宇梶剛士の海外の別荘の存在に気づくが、 差し押さえる寸前に国税局に横取りされてしまったと 岡

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR