ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

潜入探偵トカゲ (第10話 最終回・6/20) 感想

TBSドラマ『潜入探偵トカゲ』公式)の最終回『真犯人はお前だ!!隠された絆と衝撃の真相』の感想。

なぜ、通常回のようにシンプルに創らなかったの?

放送枠こそ拡大も無い1時間枠だから、あれこれ謎を突っ込んで、最終回らしく着飾って賑やかに構成・演出したかったのは、わからないでもない。また、 これまで引っ張ってきた“クモの謎”を最大限に盛り上げたいのもわかる。

しかし、やったことは後出しジャンケンばかりで、肝心の事件はどんどん埋もれてしまい、お蔭でクモの存在までも唐突で「最終回でなぜ急にこんなに出るの?」みたいになってしまった。

やはり、本作の面白さは、トカゲが事件に潜入捜査しつつ、トカゲの過去にクモの謎ありと言うのが、良いバランスで描かれていたことだと思う。なのに肝心の最終回で最もバランスを欠いてしまったのが何より残念。

最終回に付け足し情報であれこれ盛り上げようとしても、結局いろいろ事態に収拾を付けただけだったのが惜しい。本当に勿体無い最終回だった…


確かにこれまでのあれこれをまとめた最終回でした。ただ、それだけで、いつもの本作の面白さは殆ど感じることは出来ませんでした。やはり、事件そのものの魅せ方とクモの描き方がもっと工夫されれば、当然良い仕上がりになったと思います。誠に残念。第9話まで楽しかっただけに…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4571/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/367028594.html でも、受け付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

潜入探偵トカゲ「最後の潜入~黒幕の正体と事件の真相を暴け!!」

今回は偶然、刑事モノ系・サスペンス・ガチンコ曜日で、似た路線がラッシュだった関係、やや損してる気がしましたが、私は好きでした。 抜群の記憶力と身体能力をもった名探偵・

「潜入探偵トカゲ」最終話

最終話「真犯人はお前だ!! 隠された絆と衝撃の真相」                         視聴率11.4%

潜入探偵トカゲ 最終回

現金輸送車を襲った犯人を追っていたトカゲ(松田翔太)と寺島(松岡昌宏)は、情報屋の篠崎(田中哲司)が、裏社会の情報網を操る「クモ」だと知って驚きます。 篠崎は、黒沢(

潜入探偵トカゲ 第10話(最終回)

『真犯人はお前だ!!隠された絆と衝撃の真相』 内容 寺島(松岡昌宏)と協力して、現金輸送車の犯人を追跡したトカゲ(松田翔太) やがて、情報屋の篠崎肇(田中哲司)が“クモ”

(終)潜入探偵トカゲ 第10回 感想

蒼太を人質にされたトカゲは、真実にたどりつく事が出来るのか? そして蒼太はソイミルガンを入手出来るのか!?(オイw 公式HPよりあらすじ現金輸送車を襲った犯人を追っていたト...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: