お天気お姉さん (第9話 最終回・6/7) 感想

テレビ朝日系ドラマ『お天気お姉さん』公式)の最終回『vs天才科学者!!有罪率100%の最終予報』の感想。

流石に最終回だけあって…

二週跨ぎにする程の話だったどうかは別にして。天才気象予報士とお天気以外の予測できないものは嫌いと言う安倍晴子(武井咲)の職業と性格が活かされた今回のようなエピソードは楽しかった。
それに今回は特に、晴子と三平(佐々木蔵之介)と豪太(大倉忠義)の3人の“どこか抜けていているのに憎めない可愛らしさ”を活かした会話の面白さが際立っていた。流石に最終回だけあって良かったと思う。

主人公が立ってこそ主人公…

ここからは総括気味に。そもそも本作で大事だったのは、先述した天才天気予報士であり天気への異常な拘りを持つと言う主人公・晴子を活かすドラマを創ることだ。
簡単なことではないと思うがが、脚本としてはトリックをもっと“気象”や“天候”に偏れば良かったのだ。そして、演出もこれまでの刑事ドラマや謎解きとは違った、放送時間枠を活かした斬新さで勝負すれば良かったと思う。しかし結果的に、どこかで見たようなトリックと映像の連続で終わってしまったのが残念だ。


武井さんは相変わらず苦手ですが、この晴子と言う役は彼女に合っていたと思います。だからこそ、最終回まで観ることが出来ました。エピソードさえ練りに練れば続編があっても良いかなと思いますね。
★Blu-ray&DVD化決定!豪華特典映像付きで2013年12月3日(火)に発売!

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4537/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/365610014.html でも、受け付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【お天気お姉さん】第9話 最終回 総括感想

古来、天候を制する者が世界を制すると言われてきた。 この物語は、人々の命と安全を守るため気象予報に人生をかけた 一人の天才お天気お姉さんの物語である。 お天気お姉さん...

お天気お姉さん 最終回

天川(北村有起哉)が捜索を依頼していた教え子・陽子(岡野真也)がミイラ化した遺体となって発見される事件が発生します。 三平(佐々木蔵之介)は、死亡推定時期を1ヶ月前とし

お天気お姉さん EPISODE9(最終回)

『vs天才科学者!!有罪率100%の最終予報 内容 ミイラ化遺体事件の被害者・岩下陽子(岡野真也)が幽霊となり出没した騒ぎを 天川(北村有起哉)が使ったトリックだと解明し

お天気お姉さん 最終回「vs天才科学者!!有罪率100%の最終予報」

ミステリーを気象トリックで解明する、って発想自体が斬新でしたね。 いつもニコニコ、満面の笑顔を見慣れてる分、このドラマの、ニコリともせず、黒尽くめの不思議自転車で走る

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR