雲の階段 (第8話・6/5) 感想

日テレのドラマ『雲の階段』公式)の第8話『俺に島の恩師の命を救う資格があるか!?』の感想。なお、渡辺淳一氏の原作小説は未読。

三郎は島へ、自分探しの癒し旅でパワーアップ!

先週は主人公・三郎(長谷川博己)の綱渡り人生に次々飛んでくるいろいろな矢の描写が十分でないために、三郎がうまく矢を交わしているような面白さが足りないと書いた。しかし、実際には前回の三郎にはかなり矢が当たっていたようで、今回は元の島へ自分探しの癒しの旅ってわけか。
自分の原点を再認識して、再び生きる活力を得た三郎。それが“偽医者”“犯罪者”と言う違法行為なのがテレビドラマらしくて馬鹿馬鹿しいし、長谷川さん演じる三郎が苦悩しつつ自信過剰と言う妙な主人公であるのが本作の魅力だ。がんばれ三郎、行けるところまで行ってみろ、と励ましたい…


先が読めなくて面白いです。と言って、登場人物たちにまともな人間の方が少ないくらいなのに、妙に楽しい不思議なドラマです。来週に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4529/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/365376962.html でも、受け付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

雲の階段「俺に島の恩師の命を救う資格があるか!?」

三郎(長谷川博己)、ついに転落の一途で、島へ逃避行か、と思いきや、 たしかに、半分、居場所を失い「死に場所を求めて」のキモチもあったけれど、島の皆さんには、温かく迎え

雲の階段 第8話

『俺に島の恩師の命を救う資格があるか!? 内容 手術で失敗をした三郎(長谷川博己) 代わりに野上(青柳翔)が引き継ぎ、手術は無事に終わったが、呆然とする三郎。 そんななか、...

『雲の階段』第8話

俺に島の恩師の命を救う資格があるか!?

雲の階段八話&ラスト・シンデレラ九話感想

■雲の階段八話ついに体験していない症例での外科手術で、あわや患者を死なせるはめになりそうだった長谷川博己。超凹んでいた所へ、追い打ちをかけるように院長から、今後メスを握...

雲の階段八話&ラスト・シンデレラ九話感想

■雲の階段八話 ついに体験していない症例での外科手術で、あわや患者を死なせるはめになりそうだった長谷川博己。超凹んでいた所へ、追い打ちをかけるように院長から、今後メスを

「雲の階段」禁断のメス6,7,8医療行為を禁止され三郎は失意の中島に戻るも村木と明子の後押しでやり残した事をやり抜く決意を固めた

「雲の階段」第8話は田坂総合病院で成功していたものの1つの手術の失敗で無資格医と発覚して一切の医療行為を禁止された三郎は失意の中で美琴島に戻った。そこで三郎はこれまで ...

「雲の階段」8 ☆☆

一切の医療行為から手を引くこと。 周囲には、副院長として経営の勉強をするから…と納得出来ても、三郎本人には存在否定も同然の大ショック。でも偽医者なのに(><) 時に世間...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR