遺留捜査 第3シリーズ (第8話・6/5) 感想

テレ朝ドラマ『遺留捜査 第3シリーズ』公式)の第8話『殺しのチケット』の感想。

“決め台詞キャラ”は前後編にしちゃダメだって!

先週が良かったから今週も期待した。しかし、冒頭から森田(西村雅彦)が活躍する時は要注意だ。そして、結局は二週跨ぎの前後編。本作に一番大事な主人公・糸村(上川隆也)の決め台詞「僕に三分下さい」で、一時間を締めてこそ見応えがあるのに、いくら最終章とは言え、キャラクター保持の方が大切だと思う。

糸村は捜査しちゃダメだって!

本作は、主人公は遺留品に興味を持って単独行動し、最後に被害者家族に「三分下さい」と遺留品を絡めた人情話をする。事件そのものの捜査や容疑者に辿り着くのはあくまでも他の刑事。しかし、犯人が逮捕されたあとだからこそ、一見無駄に思われる人情話が活きるし、何より主人公の存在感が立つ。なのに、今回は糸村が捜査に加わって尚且つ怒られて。これでは折角築き上げた“本作らしさ”がない…


決め台詞がないだけで、引き延ばされてるって感じが強くなって、私は面白味が半減すると思うんです。最終回まで“型”を踏襲した方が面白いと思うのですが…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4528/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/365374471.html でも、受け付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

遺留捜査(3)第8話

『殺しのチケット 内容 森田(西村雅彦)を尾行する仙堂(正名僕蔵)と遠山(眞島秀和) 何とかして弱みを握ってやろうという仙堂の執念だった。 その最中、妙な男たちがいる船を見

「遺留捜査(3)」8 ☆☆

同じ和菓子屋にしげしげ寄る森田さん。 女か?と、尾行する刑事さん2人なのですが近すぎ&挙動不信で昼間っからバレバレですよ! その途中でみつけた怪しい裏取引と、和菓子屋の...

「家族ゲーム」〜8 ☆☆

ついにネタばらし! ……って、みんな全部は偶然じゃないって気付いてた筈なのに。お母さんが兄の万引きを知ってて目をつぶった様に、お父さんだって浅海さんが別人と気付いても ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR