空飛ぶ広報室 (第5話・5/12) 感想

TBSテレビ系ドラマ『空飛ぶ広報室』公式)の第5話『過去との再会・初めての告白』の感想。

いよいよ“空飛ぶ広報室”の人たちがメインに…

なんだか“ほぼ月9”みたい“恋バナ”展開になってきた。柚木(水野美紀)の過去を描きつつ、タイトル通り『空飛ぶ広報室』の恋愛ドラマとして変化しているようと言う感じだろうか。エピソードも悪くないし、焦らし方も上手くて最後まで観られた。ただ、肝心の主人公・リカ(新垣結衣)の影が薄くなってるのが気になる…


広報室の出演者のキャラが立ってますかね、そちらに話を振った方が重しさが増すとは思いますが、主人公の存在感ももう少し欲しいところです。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4453/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/361004000.html でも、受け付けております。


     
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

空飛ぶ広報室 第5話

新しい企画が通ったリカ(新垣結衣)は、柚木(水野美紀)が担当する高射群機動展開訓練の密着取材を進めていました。 上司の阿久津(生瀬勝久)から、リカが今までと違ってイキ

ドラマ「空飛ぶ広報室」 第5話 あらすじ...

女自衛官-----------!!自分たちをエレメントだと言った空井。それからどうにも空井の事が気になるリカ。一方、槙との衝突から、柚木のおっさん化が加速!?なんだかこちらはややこし...

【空飛ぶ広報室】第5話 感想

雲の上のもっともっともっと上です。 高度が上がるほどだんだん青が濃くなって深くなって、この先に宇宙があるんだって 感じられる、静かで澄んだ世界です。 大違いですね。地上

空飛ぶ広報室 第5話★朝焼けを一緒に見たいと思える人

空飛ぶ広報室 第5話 「過去との再会・初めての告白」 阿久津(生瀬勝久)から「顔が違うな」と言われてるリカ(新垣結衣)。 空井のお陰で角が取れて柔らかくなってるんだもの・・・

空飛ぶ広報室 第5話

『過去との再会・初めての告白 内容 柚木(水野美紀)の高射群機動展開訓練の密着取材企画を進めるリカ(新垣結衣) 必死に取り組む姿に、阿久津(生瀬勝久)も満足げだった。 漫画...

「空飛ぶ広報室」新しい夢へ5柚木の広報対応のピンチにリカは以前の反省した経験を活かして助け船を出して柚木はそれで吹っ切れた対応ができた

ドラマ「空飛ぶ広報室」第5話はリカの自衛隊で活躍する女性幹部に密着!が着実に進むも柚木と槙の仲を何とかしようと空井に協力を求めるも上手くいかない。そんな中リカは空井か ...

空飛ぶ広報室 第5話:過去との再会・初めての告白

もどかしぃ〜〜〜!!!\(> せっかく稲ぴょんが勇気を振り絞って二人で飲みに行きましょうって 誘ったのに、空井くんてば何断わってんのさっ! こりゃすっかり稲ぴょんと藤枝ア

空飛ぶ広報室 第5話

第5話 「過去との再会・初めての告白」 帝都テレビのディレクター・稲葉リカ(新垣結衣)は、「自衛隊で活躍する女性幹部に密着!」 の企画について柚木典子(水野美紀)への取

『空飛ぶ広報室』第5話

過去との再会。初めての告白。

「空飛ぶ広報室」4、5 ☆☆☆☆

男社会で生き抜く為にオッサンになった。 ストレートにイジメが描かれるよりも、処世術として腑に落ちますよね。 これが「ジウ」なら、同じく男社会の警察でも女が目立つと強姦だ...

空飛ぶ広報室五話&ガリレオ二期五話感想

■空飛ぶ広報室五話 なんでか、ずっといい感じの物語ですね。水野美紀の話も、ちゃんと解決してくれたし。あれから時が流れて、時間がたったこらこそ、解決することもあるんですよ

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR