●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

ドラマスペシャル「味いちもんめ 2013」 (5/11) 感想

本記事は、ブログテンプレート変更に伴い、読み易いようにデザインとレイアウトを変更しました。文章内容は変更しておりません。(2015/07/17)

ドラマスペシャル「味いちもんめ 2013」 (5/11) 感想

テレ朝系ドラマスペシャル『味いちもんめ 2013』
『(ラテ欄)中居正広が贈る京都料理対決ドラマ!幻の名料亭vs料理の達人!?家族愛、親子愛、師弟愛!!板前修行18年涙の旅立ち~感動の結末』の感想。

なお、原作は未読だが、前シリーズは1995年の第1シリーズから2011年のスペシャル番組まで全て鑑賞済み。と言う訳で、本シリーズにはかなり思い入れあり!


東京の老舗料亭『藤村』で立板として充実した日々を送る伊橋悟の元に、ある日、同窓会の知らせが届く。料理学校を卒業して20年。ある程度一人前の板前になったと自負していた伊橋だったが、会場の豪華さに加え、同級生たちと自分の金銭感覚の違いなどを目の当たりにし、落ち込んでしまう。そんな折、同級生で現在はフードコンサルタントとして数多くの店舗を手がける加山奈津子に独立話をもちかけられ…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

出演者とスタッフの愛情に、番組ファンも納得できたと思う

第1シリーズから18年余り。キャストもスタッフもそして番組のファンも共に成長してきた18年間を十分に楽しめたスペシャル。あの頃のあの人、あの時のあのシーンなど思い出アルバムを広げなら、まるで同窓会で旧知の友から卒業後をじっくり聞いているような、懐かしさや共感や応援しまくりの2時間21分だった。

18年後に、ほぼ全員いつもの顔ぶれで変わらぬキャラでってのは、そう簡単に成立できる条件じゃないと思う。それが現実になっただけでも(大袈裟かも知れないが)本作のファンとして幸せではないだろうか

大人のための青春ドラマになった

今回も『2011年SP』同様に、熊野信吉(小林稔侍)がまるで丁寧に仕込みをするように弟子を育て見守るの師弟関係の話がベースだが、今回は更に40歳近くになった伊橋悟(中居正広)が、料理人として自分にとっての料理とは何かを追求する職人と父と息子の確執を通して、一人の男の生き様を気持ちよく見せてくれた。

また、中津川浩(要潤)を登場させて、様々な仕事のスタイルや考え方を見せながら、今時の将来への不安や働き方の違いを絡めつつ、まるで大人のための青春ドラマのように仕事と職場や仲間の大切さを描いたのは良かったし、私のようにフリーランスの人はまた違った捉え方が出来たと思う…

今回、ぐっときたシーン

伊橋が横川健一(布施博)に相談しに行くシーン。雨の中でずぶ濡れになりながら白い息を吐いて思いを吐露する伊橋の顔は良く見えない。怒りや涙や悔しさが入り混じった複雑な感情を上手く土砂降りの雨に見立てたと思う。

そのあと、横山剛(今井雅之)が伊橋の楽屋を訪れるシーン。横山の後悔を聞き、伊橋が自分の気持ちを語るのはキャメラに対して背中越しから窓ガラス越しに切り替わる。混迷している伊橋の気持ちを正面からのカットで無く描いたのは、見えない不安感やモヤモヤした状況を表現するには良かったと思う。

そして、加山奈津子(国仲涼子)が伊橋に勝利の電話を掛けるシーン。勝利を聞いたことと父の死で伊橋の心の中で何かが崩れ何かが生まれた瞬間を、奈津子の後ろで美術スタッフが柱を撤去(倒す)するのと、心が折れるのを上手く対比していると思うし、それを受けて伊橋が亡き父の通夜振る舞いで、豆腐田楽を涙しながら作るシーンも泣けた…

もう、あばたもえくぼだが…

残念な所も無い訳で無い。まず、本作だけは他局の料理番組を真似たエピソードを挟まずに、オリジナルで勝負して欲しかった。またスペイン料理店での食事会も中途半端な設定で残念。

とは言え、2時間以上も笑いあり涙ありで十分楽しめたから、三度目を観ている今の私には気にならなくなっているが…

あとがき

やはり『味いちもんめ』は最高に面白いです。伊橋も彼を演じる中居さんも応援したくなる魅力的な男です。そして伊橋の周りにいる人たちもみんな人情に厚く時に厳しく時にアホなのも人間味があって、ドラマの中で生き生きと生きている雰囲気が伝わるのが本作の一番いいところ。

それにエンドクレジットも笑いありサプライズありと思いきや、「映画化決定してません!!」なんだ。本気でがっくりしちゃいました。
最後まで長文を読んで下さり、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ドラマスペシャル 味いちもんめ 2013 [Blu-ray]
ドラマスペシャル 味いちもんめ 2013 [DVD]
新春ドラマスペシャル 味いちもんめ 2011【DVD】 >
ATARU Blu-ray BOX ディレクターズカット【初回生産限定】


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4452/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/360774999.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
新春ドラマスペシャル「味いちもんめ」 (1/8) 感想

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

味いちもんめSP(5.11)

1995・1996年に連ドラ版が放映、その後も続編が作られた『味いちもんめ』の2年ぶりの新作 今回は・・・父親@北村総一朗の余命が幾ばくも無いことを知った伊橋@中居正広が 料亭の後継

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR