お天気お姉さん (第5話・5/10) 感想

テレビ朝日系ドラマ『お天気お姉さん』公式)の第5話『真夏に凍死する男』の感想。

方向修正なのか、単なる粗雑なのかビミューな仕上がり?

今回も加速度的に、お天気お姉さんの必要性に疑問を持たざるを得ない話になってる。まっ、確かに気象の解説は挿入されていたが、それすらも無くても全く支障が無い展開。なぜなら主人公が調査して云々って話で無く、最後は真犯人によるご丁寧な自白があるのなら。
それに今回は、唯一の主人公らしさである“警察とは違う視点で事件解決のヒントを見出す”のも薄めで、殆ど青木豪太(大倉忠義)一人でが犯人まで辿り着いてるし。こうなるとお天気お姉さんでも気象予報士でも天才である必要性も無い。こうなると敢えて言わせてもらえば、当初の基本設定が崩壊寸前になりつつあるのでは…

主人公ありきのドラマに建て直さないのか?

同窓会で再開した先生が凍死をしてその犯人が…と言うエピソード自体は悪くないし、青木刑事を絡めた上手い作りになっていたと思もう。
ただ残念なのは、主人公である安倍晴子(武井咲)が最後にちょろっと出てきて、奇妙で謎めいた雰囲気だけ漂わせても、存在感の誇示にはつながらないと思う。そして、何より主人公がいなくても刑事と犯人だけで話が成立しちゃまずいと思うが…


大倉さんだけいれば良い話になってませんか?あの記憶力なら、ネット検索でお天気の知識が入って来たっていい訳ですからね。
せっかく私が大の苦手な武井さんが、今回は似合ってる役だと思い観ているのに、これでは『お天気お姉さん』と言うタイトルそのものが怪しく感じてしまいます。何とかならないんですかね。いよいよ次週リタイアかな…


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4448/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/360409278.html でも、受け付けております。


     
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お天気お姉さん 第5話

豪太(大倉忠義)の中学時代の恩師・駒田(鈴木正幸)が交通事故で死亡します。 その前日、友人と一緒に駒田の退職祝いをしていた豪太には、その事実は受け止められませんでした

【お天気お姉さん】第5話 感想

古来、天候を制する者が世界を制すると言われてきた。 この物語は、人々の命と安全を守るため気象予報に人生をかけた 一人の天才お天気お姉さんの物語である。 お天気お姉さん...

お天気お姉さん 第5話

教え子との飲み会の後に事故死した恩師、送って行かなかった事を悔やむ青木 公式HPよりあらすじ 豪太(大倉忠義)の中学時代の恩師・駒田(鈴木正幸)が交通事故で死亡した。その

お天気お姉さん EPISODE5

『真夏に凍死する男 内容 巡査(山本裕典)のいる交番に、榎本正行(岩松)という男がやってくる。 「人をひきました」 現場へと向かうと、、、ひとりの男(鈴木正幸)が倒れ、すで

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR