TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~ (第4話・5/10) 感想

TBSドラマ『TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~』公式)の第4話『5人で奇跡を盗め!姉妹の愛』の感想。

楽しくて面白いが、突っ込み所も無くは無い…

話自体はかなり作り過ぎなのが気にはなったが、そのお蔭でゲストを含めて登場人物たちが個性的に且つ生き生きとテレビの中で活動していたと思う。普通はこうして作り込まれると、登場人物たちが窮屈に見えるものだが、程良い緊張感と笑いの小ネタが上手い具合に散りばめられていて、最後まで飽きずに観られたのは良かった。

もちろん突っ込みたい部分もある。個人的には姉妹のくだりは必要だったのかと思うし、見せ場の一つである泥棒をするシーンが安っぽいとか。そして毎回登場する老女のくだりもあまり興味が無くなってる…


もっと爽快感と痛快さが欲しいですね。愛のための泥棒なんだから、盗んでパーッとやるみたいな。湿っぽいのは本作に合わないと思います。そして、何より泥棒の魅せ方に工夫が欲しいです。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4447/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/360403410.html でも、受け付けております。


     
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドラマ「TAKEFIVE~俺たちは愛を盗めるか~」...

兄弟愛------------!!ここ最近起こった3つの事件に関係していると思われる新美が何かを握っていると推測する笹原。自分から「TAKEFIVE」だと名乗った新美。しかも帆村を泥棒仲間だと言...

TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~ #04

『5人で奇跡を盗め!姉妹の愛』

TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~ 第4話

晴登(松坂桃李)は、「TAKE FIVE」の仕事以外にも副業(?)として単身で泥棒もしているようです。 入り込んだ高級マンションで、高級そうな時計を物色していました。 そんな時、

潜入探偵トカゲ四話&ラスト・シンデレラ五話&TAKE FIVE四話感想

■潜入探偵トカゲ四話 あいかわらずテンポよい作り。初回のようなアクションシーンはなかなかないけど、潜入探偵という感じは、毎回ちゃんと出ていますよね。 今回の事件で、蓮佛

TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~ 第4話

第4話「5人で奇跡を盗め!姉妹の愛」2013.05.10 ON AIR ある夜、晴登(松坂桃李)は単身、窃盗目的で侵入した高級マンションの一室で、自分とは別に侵入してきた男と遭遇。男はなんと侵

TAKE FIVE〜俺たちは愛を盗めるか〜 第4話

第4話 「5人で奇跡を盗め!姉妹の愛」 新美晴登(松坂桃李)は、一人で緒方研二(風間トオル)のマンションに盗みに入るが、同じ時に研二の兄・緒方研一(世良公則)も別目的

TAKE FIVE〜俺たちは愛を盗めるか〜 第4話

『5人で奇跡を盗め!姉妹の愛 内容 とある高級マンションに侵入した晴登(松坂桃李)が部屋を物色していたところ、 妙な男(世良公則)が、ベランダのガラスを割り侵入してくる。

「TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~」第4話

TAKE 4「5人で奇跡を盗め!姉妹の愛」   

「TAKE FIVE」4 ☆☆

「家には滅多に帰らない」 え、マウス飼ってるのに?ほらお兄さんが心配して窓を破ってまで餌やりに(違) その兄弟で盗みあってまで欲しい大事なマウスちゃんを取り戻すのに、火...

TAKE FIVE 俺たちは愛を盗めるか第4話(5.10)

拝金主義な弟@風間トオルに研究材料のマウスを奪われた研究者@世良公則の依頼で TAKE FIVEが警備厳重な施設からマウスを盗み出すという話 女刑事笹原瑠衣@松雪泰子の事情といい、兄

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR