鴨、京都へ行く。~老舗旅館の女将日記~ (第5話・5/7) 感想

フジテレビ系ドラマ『鴨、京都へ行く。~老舗旅館の女将日記~』公式)の第5話『私を満足させなさいモンスター女ご来館』の感想。

賑やかな割にちょっと退屈だったかも…

今回も『上羽や』や主人公・鴨(松下奈緒)の周辺でも様々なことが起こった。各エピソードは旅館の女将成長ネタとして、キャリア官僚の転職や婚活など今時のネタとして、多少定番な話でも悪いとは思わないし、詰め込まれていたから物足りないはずもない
しかし、私には最後まで少々退屈だった。理由は、ほぼすべてのエピソードが同時進行して、それぞれの着地点に辿り着いているだけで、観終わった後に“何か”が残らないからだ。

もう少し二つを上手く重ねていれば…

今回なら、鴨が女将と恋愛を通して、大きな一歩を踏み出したように描けば、タイトル通りの物語になると思うのだが、どうも二つのエンディングがあったような印象だ。主役の周りが賑やかでも、ドラマ全体が賑やかになるとは限らない。これは最近多い群像劇風ドラマにも共通することだ。
あれこれ描くのは構わないが、それらすべてに共通の背骨が一本通っていないと、ふにゃふにゃになってしまうと思うのだが…


京都弁に慣れないとか完全に私自身の好みの問題ですが、感想を書くのは今回でリタイアするかもしれません。
せめて、もう少し仲居頭の塩見鞠子(かたせ梨乃)が女将としての心得やたしなみ、女性としての幸せとはみたいな部分で鴨に関われば、もっともっと面白くなりそうですけど。そして何より鴨の人物設定が煮詰まっていないような。もったいない…


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4436/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/359567711.html でも、受け付けております。


     
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鴨、京都へ行く。~老舗旅館の女将日記~ 第5話

衣川(椎名桔平)がコンサルタントとして、鴨(松下奈緒)の旅館・上羽やの支配人になると言い出します。 先日、上司の高瀬(伊武雅刀)と共に旅館に泊まった衣川は、絵画や掛け

鴨、京都へ行く。−老舗旅館の女将日記− 第5話

『私を満足させなさいモンスター女ご来館 内容 自ら支配人となると言い始めた衣川(椎名桔平) すべては、高瀬(伊武雅刀)と宿泊した際に、様々なモノを見かけたことで、 よりいっ

「鴨、京都へ行く」5 ☆☆

プロポーズ来たー! ですよね、1話から恋人だったんだし。京都に行きっぱなしで官僚も退職しちゃった鴨を、心配して彼氏が訪ねてくるぐらい当たり前~と思ったら、ドラマにありが ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR