刑事110キロ (第2話・5/2) 感想

テレビ朝日系ドラマ『刑事110キロ』公式)の第2話『京都祇園の芸妓に殺人の過去!型破り捜査が暴く時差トリック!!』の感想。

初回に比べたら、登場人物たちが生き生きと…

初回は何だったんだ?って仕上がりの第2話だった。今回は、冒頭からテンポも良いし、京都らしさもあるし、課長付き特別班の4人のメンバーも個性的な上に他の刑事たちとの違いも明確だし。
何より主人公・花沢太郎(石塚英彦)の“ちょっとデキる刑事”と言う部分が強調されたのが良い。この位に登場人物たちが(脚本に動かされているのでなく)自ら動き出してる雰囲気が漂うと、今後は楽しくなるかも…

あとはエピソード次第か…

ただ、肝心の話は今一つのまま。いろいろ詰め込んだり同時進行したりするのはこの枠らしいとして、主人公をきちんと描こうとしたが故に、逆に常に同行している木内光義(中村俊介)が目立ってしまったような。
また、“小鍋屋”の女将・白石あかね(竹下景子)の前科の件は宙ぶらりんのまま終了してしまった。これからあかねがレギュラー化して錦織玲子(高畑淳子)と絡みがあるなら、そんなニュアンスを漂わせておいても良いと思うが…


本作で興味深いのが、登場人物たちがあまりIT機器が登場しないことです。携帯電話やスマホで随時連絡を取らないし、鑑識結果もバインダーに挟んでたし。そう言う“今風”を出来るだけ排除して、人と人の会話でストーリー成立させているのが、実は本当の“本作らしさ”かもしれません…


【これまでの感想】
第1話

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4421/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/358392830.html でも、受け付けております。


     
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

刑事110キロ 第2話

『祇園の芸妓に殺人の過去!型破り捜査が暴く時差トリック!! 内容 青木千賀子(中村高華)の絞殺死体が見つかる。 被害者の千賀子は、夫・誠一(羽場裕一)とともに、 おしどり夫

刑事110キロ

意外な視聴率の奮闘(トカゲを上まり、ダブルスに迫る14.1%)に興味をもち、リピート放送と2回めを見てみました 想像以上に面白かったです。 主演、ホンジャマカの石塚英彦の持...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR