鴨、京都へ行く。~老舗旅館の女将日記~ (第3話・4/23) 感想

フジテレビ系ドラマ『鴨、京都へ行く。~老舗旅館の女将日記~』公式)の第3話『人力車が運ぶ、亡き母の想い』の感想。

今週は一般客の接遇か…

旅館の新米女将が従業員と対立して、その新米女将が客の問題を解決して復権や復活…って話としては、こう言う展開しかないだろうし、やってることは第2話の財務大臣(松平健)を二人の客に分けただけ
まっ、大臣へのVIP接遇に続いて、一般客への接遇のきめ細やかさを描いた点は、一歩前進で良かった。

良くも悪くもベタ過ぎる…

登場人物たちが徐々にリストラから戻ってくると言う設定だから、もはや3話にして個々の設定が解り易いのもいい。また、キャラクターも意外と生き生きと動いてるし、何より、京都の高級老舗旅館『上羽や』のコンセプトがしっかししてるのが良い。
ただ、何よりすべてがベタ過ぎる。安定感すら感じる程にお約束事の連続で、新鮮味が感じられないのが惜しい。あとは好みの問題だと思う…


こう言うベタな旅館ドラマが好きな人っているでしょうね。私は主人公・鴨( 松下奈緒)の性格も演者自身も苦手なので継続視聴は厳しいですねえ。ここまで良い感じに復活していきそうな『上羽や』が、どうやって乗っ取られるのか気になりますが。さて、来週どうしよう…


【これまでの感想】
第1話 第2話

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4392/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/356955917.html でも、受け付けております。


     
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鴨、京都へ行く。~老舗旅館の女将日記~ 第3話

寺石(高杉亘)に出されたお漬物を食べた鴨(松下奈緒)は、旅館の売却を辞めると言い出します。 でも従業員は誰も戻って来ないので、旅館は休業状態です。 鴨が東京へ帰ってい

鴨、京都へ行く。ー老舗旅館の女将日記ー 第3話

Story vol.3「人力車が運ぶ、亡き母の想い」 2013.4.23 Tue. OnAir 「上羽や」売却は止めると言い出した上羽鴨(松下奈緒)だが、従業員は誰一人として戻ってこない。「ワイズ・コンサルタ

鴨、京都へ行く。−老舗旅館の女将日記− 第3話

『人力車が運ぶ、亡き母の想い 内容 仲代大臣(松平健)へのおもてなしをきっかけに、 亡き母・薫(市毛良枝)が守ってきたものを理解し始めた鴨(松下奈緒)は、 旅館売却の取りや

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR