鴨、京都へ行く。~老舗旅館の女将日記~ (第2話・4/16) 感想

フジテレビ系ドラマ『鴨、京都へ行く。~老舗旅館の女将日記~』公式)の第2話『暴れん坊大臣が求む最高の風呂と京野菜』の感想。

主人公のマイルド化より…

前回は主人公・鴨(松下奈緒)の性格の悪さがドラマの面白味でもあり、個人的な私のイラつきの原因でもあった訳だが、今回はその辺はだいぶマイルド仕上げになって、観易くなったと思う。
しかし、私が本作に期待したいのは、鴨のマイルド化でなく応援したくなるような魅力ある人間に次第になってくれること。次週からそうなると良いのだが…

皆で女将を助けるドラマなんだろうが…

あまりに予定調和過ぎる。ドラマには使いたくない表現だが、反発する従業員たちも結局はみんなで協力して女将を助けるんでしょと思う。多分、そう言う方向性のドラマだから当然なのだが、第2話にして都合良く関係が修復してきてしまうと、先が想像できてしまって、この先は“やっぱり”の連続にならないだろうか。
やはり目的地が決まっていても紆余曲折してこそドラマ。カーナビでルートが決まっているようなのは楽しいか…


京都と言う設定だからか知りませんが、登場人物たちや物語に“ゆとり”があり過ぎて、肝心の旅館がつぶれる悲壮感も薄いし、コメディ部分も中途半端なのが残念ですね。来週で感想を継続するか決定です…


【これまでの感想】
第1話

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4370/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/355794635.html でも、受け付けております。


     

旅館の女将に就職します [単行本]
週末は若女将―「楽しい」を仕事にする私たちの挑戦 [単行本]
いろはにほへと/孤独のあかつき [Single, Maxi] 椎名林檎 |CD
鴨、京都へ行く! ミュージックコレクション

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鴨、京都へ行く。~老舗旅館の女将日記~ 第2話

上羽鴨(松下奈緒)の強引な改革案は失敗に終わりました。 老舗旅館・上羽やの従業員は全員、鴨に辞表を渡して辞めてしまいます。 鴨は衣川(椎名桔平)の提案に乗って、旅館の

鴨、京都へ行く。−老舗旅館の女将日記− 第2話

『暴れん坊大臣が求む最高の風呂と京野菜 内容 “上羽や”の再建に取り組もうとした鴨(松下奈緒)だったが、 その強引さで、仲居頭の鞠子(かたせ梨乃)を筆頭に、全従業員が辞め

鴨、京都へ行く。二話&幽(かす)かな彼女二話感想

■鴨、京都へ行く。二話 火曜日のドラマ、なかなかいいですね。主人公の設定に松下奈緒がピッタシ。椎名桔平も立場的には悪者なんだけど、軽いキャラで憎めない。しかも、なんだか

「鴨、京都に行く」2 ☆☆☆

みんな結局手伝い過ぎw もう”上羽や”は売る!と決めたヒロイン鴨でしたが、財務大臣が来た途端に手のひら返し。 お泊めします! いつもの料理出します! いつものもてなしで! ...

コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2013-05-08│10:49 |
  • [edit]

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR