夜行観覧車 (第9話・3/15) 感想

TBSテレビ系ドラマ『夜行観覧車』公式)の第9話『最終章~前編~事件の夜の家族の悲劇』の感想。
なお、湊かなえ氏の原作小説は未読。

引き伸ばし感が半端ない…

前回、前々回と登場人物たちが強烈になって、話の展開も必要以上にドラマチックだった。そして、今回は話が動いた最後の数分まで、ほぼ引き伸ばしと言うか、前回の引継ぎ状態。これが先週の感想で触れたもう一人の脚本家・清水友佳子氏の回。「話を進めるな」とでも上から指示されているのだろうか。脚本家ごとの差が激しすぎる…

3つの家族の話なら…

ある街の事件の真相を住民たちで描くミステリーだと思っていたが、ここ数回を観る限りはほぼ3つの家族を限定的に描きながららしい。だとすれば、もっと当初から隣近所の3家族だから、登場人物同士の交流なり関係性を描いておけば、今の状態ももっと面白くなったと思う…


確かに事件の真相は気になるんですが、描かれているのは3家族の家庭や学校や仕事の話で、それも最近急に絡んできたので、唐突感が半端ないです。これだけ風呂敷を広げて最終回の1時間で回収できるのでしょうかね。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング
あとで読む


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4310/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/347382426.html でも、受け付けております。


     

夜行観覧車 (双葉文庫) [文庫] 湊かなえ
コミック版 夜行観覧車 [単行本(ソフトカバー)]
贖罪 (双葉文庫) [文庫] 湊かなえ
VOICE(スペシャル盤)(DVD付) A.I.

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夜行観覧車 第9話

第9話 「最終章〜前編〜事件夜の家族の悲劇」 事件発生から7日後の1月29日、?橋慎司(中川大志)は警察署で刑事・結城哲也(高橋克典)に「母を返してください。僕が父を殺し

夜行観覧車 第9話

『最終章〜前編〜事件の夜の家族の悲劇 内容 事件の7日後 良幸(安田章大)比奈子(宮崎香蓮)と警察へ出頭した慎司(中川大志)は、 結城(高橋克典)に告げる。 「母をかえしてく...

【夜行観覧車】 第9話 感想

私、諦めてたんです。 大人になると難しいですよね。 私もこの年になって、もうお友達なんかできないだろうって思ってたんです。 でも、真弓さんに出会えた。 夜行観覧車 第9話 ...

夜行観覧車 第9話

事件7日後、警察署の廊下で慎司(中川大志)は結城刑事(高橋克典)に、父・弘幸(田中哲司)を殺害したのは自分だから、母・淳子(石田ゆり子)を返してほしいと言い出します。

「夜行観覧車」第9話。

「夜行観覧車」見ました。来週が最終回ですが、正直10話も使わなくてよかったような…

希望の光が死の陰の谷にさし汝にわざわいとなぐさめを贈る(吉田里琴)

人は罪を犯すことから逃れようとする。 それは法から身を護るためである。 そして、人は身を守るために罪を犯す。 人は罰から免れようと嘘をつく。 しかし、何人たりとも罪から逃れ

夜行観覧車(9)

視聴率は 11.0%・・・前回(10.8)より 最終章~前編~事件の夜の家族の悲劇

夜行観覧車 第9話:最終章〜前編〜事件の夜の家族の悲劇

良幸、何を話すんだろ?…o(;-_-;)oドキドキ♪ てか、「警察には話してない事がある」って、どこに電話してたのかと思えば マスコミ各社に連絡してたのか〜。こうゆうの今風だ〜(

夜行観覧車 第9話

母親に殺されかけた、と感じた彩花。いっそう真弓に心を閉ざしてしまいます。そして学校へ行けば、志保たちのいじめが待っている。<続きは本家記事でご覧ください。>※本家の記事...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR