カラマーゾフの兄弟 (第8話・3/2) 感想

フジテレビ系ドラマ『カラマーゾフの兄弟』公式)の第8話『断ち切れない鎖』『(ラテ欄)断ち切れない鎖~嵌められた男』の感想。
なお、原作である文豪フョードル・ドストエフスキーの長編小説はだいぶ前に既読。

行き詰ってるわけではないだろうが…

前回辺りから、ある意味ここからがいよいよ全体説明から人間同士のぶつかり合いと言う本題への導入だろうか。最初の3話はこの独特に感じたの映像の世界もすっかり馴染んできた。今回は取調室や墓前でのシーンなども普通の刑事ドラマやシリアスドラマ調になり、些か雰囲気が期待と変わって来てる。
その上、脚本のストーリーはなかなか上手く原作をトレースしつつ現代ドラマに書き換えているとは思うが、その分登場人物のキャラクターがどんどん普通のサスペンスドラマ並みに格下げしてきてるように感じるのも残念。
少々結末までの流れに行き詰ってるのだろうか。と言うか、結末に向けてどれをどう見せて隠すかの一番難しいくだりになるから、大切にしたいのも解る…


テレビドラマとしては、もう少し見せて前進して欲しいです。ただ会話を追っているだけでは面白みを感じにくいから。次週は動くかな?


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

     

カラマーゾフの兄弟〈上〉 (新潮文庫) [文庫]
カラマーゾフの兄弟〈中〉 (新潮文庫) [文庫]
カラマーゾフの兄弟〈下〉 (新潮文庫) [文庫]
フジテレビ系ドラマ「カラマーゾフの兄弟」オリジナルサウンドトラック


ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング
あとで読む


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4278/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/341606200.html でも、受け付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カラマーゾフの兄弟 #08

『断ち切れない鎖』

カラマーゾフの兄弟 第8話

『断ち切れない鎖』 「断ち切れない鎖〜嵌められた男 内容 朝早くに目覚めた勲(市原隼人)。 シャワーを浴び、リビングに降りると涼(林遣都)がいた。 今でも信じられない思いにも...

【カラマーゾフの兄弟】 第8話 感想

それでも逃れることなどできないぞ。 お前に流れているのは紛れもなく「黒澤の血」 俺の血だからだ! カラマーゾフの兄弟 第8話       初回に書きましたが、原作は既読...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR