泣くな、はらちゃん (第7話・3/2) 感想

日本テレビ系ドラマ『泣くな、はらちゃん』公式)の第7話『ずっと一緒』の感想。

人間以外の目線から、人間を描くドラマとして成功してる!

これまでもロボットや妖怪などの人間以外の目を通して人間の本質を描くドラマや映画はたくさんあった。そして、本作は漫画から飛び出しすヒーローだ。それも漫画の世界と神様(現実)の世界を不自由に行き来する。
また、この不自由ってのが良い。自由自在に行き来出来ないちょっと頼りないヒーローと言う設定だ。そして、そのきっかけを毎回作るのが、いい人づくしの登場人物たちの中で唯一の自分勝手でおバカな越前さん(麻生久美子)の弟・ひろし(菅田将暉)なのも面白い。
世の中には必要のない人はいないって壮大なテーマこそ感じてしまう…


今回は少々賑やか過ぎたかなって感じもしますが、最終章へのネタ振り回としてはノートを封印する話だから、盛り上がるのも当然と言えば当然。そんな中でもチラリと矢口百合子(薬師丸ひろ子)も描いたり、やはり細かい人間描写が面白い。
次回も期待します。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

     

「泣くな、はらちゃん」オリジナル・サウンドトラック
月刊ドラマ3月号(2月18日発売)の掲載脚本は、岡田惠和『泣くな、はらちゃん』
泣くな、はらちゃん シナリオBOOK [単行本]
リリック(初回限定盤)(DVD付) [CD+DVD] TOKIO


ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング
あとで読む


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4277/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/341603631.html でも、受け付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

泣くな、はらちゃん 第7話

『ずっと一緒』 内容 ある日、ユキ姉(奥貫薫)が、はらちゃん(長瀬智也)たちに告げる。 漫画の世界の人間も死ぬ可能性があると。 漫画の中で殺してしまう場合と漫画を描くのをや

泣くな、はらちゃん 第7話:ずっと一緒

良かった・・・のか?( ̄ー ̄?).....??アレ?? 住む世界が違うけど・・・ 結ばれない両思いだけど・・・ この素晴らしい世界にずっといたい!神様を幸せにしたい! そんなはらちゃんの...

「泣くな、はらちゃん」 第7話 ずっと一緒

「私、決めました。このノート、もう絶対に開きません」越前さん 「越前さん、本当ですか?」はらちゃん 「はい。ずっとこちらの世界にいて下さい」越前さん 「やったあーーー! ...

泣くな、はらちゃん #07

『ずっと一緒』

【泣くな、はらちゃん】 第7話 感想

関係ねえよ。はらちゃん。 世界なんて関係ねえ。 それがロックだよ。 好きな女を離しちゃダメだ。 泣くな、はらちゃん 第7話    えっ!? 何でないの? 越前さんは、ノ

泣くな、はらちゃん 第7話

越前さん(麻生久美子)は、はらちゃん(長瀬智也)のことばかり考えて帰宅していました。 しかし、彼女とすれ違った古紙回収の軽トラには、越前さんのお母さん・秀子(白石加代

泣くな、はらちゃん 第7話

越前さん(麻生久美子)が机にしまった漫画ノートは、間違えて古紙回収トラックに積み込まれ、遥か遠くの古紙回収工場へ・・・。(公式サイトより)<続きは本家記事でご覧ください...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR