あぽやん~走る国際空港 (第7話・2/28) 感想

TBSテレビ系ドラマ『あぽやん~走る国際空港』公式)の第7話『空港は悲しい場所なんかじゃない』の感想。
なお、原作小説の新野剛志著『あぽやん』とその続編『恋する空港 あぽやん2』は未読。

森尾の存在理由…

今回も各エピソードは悪くないし、出演者たちもジャルパック成田国際空港支所の仲間たちも仲が良いのは十分すぎるくらい伝わってくる。ただ、相変わらず全体のバランスが悪いと言うか、馴染みが良くないと言うか、バラバラと言うか…

全体を見れば、遠藤(伊藤淳史)が主人公として自由にボケたり活躍するのを、裏で支える物語上の大切な役は森尾(桐谷美玲)の筈だ。しかし、これまでの森尾は、ただの脇役の一人で、そう言う“主役以外の束ね役”をしてこなかった。
せめて、今回位に遠藤と真正面から絡み問題解決にあたっていれば、主役も立ったろうに…


やはりエピソードとそこで活躍する登場人物がマッチしてないのでしょうかね。それともう一人の束ね役・今泉(柳葉敏郎)と森尾の使い分けも不十分な感じなのも残念。惜しいなと思います…


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

     

あぽやん (文春文庫) [文庫]
恋する空港 あぽやん2 (文春文庫) [文庫]
ランナーズ愛(初回生産限定盤)(DVD付) Rake
恋する空港―あぽやん〈2〉 [単行本]


ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング
あとで読む


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4271/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/335473701.html でも、受け付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あぽやん〜走る国際空港 第7話

『空港は悲しい場所なんかじゃない 内容 成田特産市に駆り出される遠藤(伊藤淳史)と枝元(山本裕典) 一仕事終えたところ、カメラを持ち妙な笑顔の森尾(桐谷美玲)を見かける。

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR