夜行観覧車 (第6話・2/22) 感想

TBSテレビ系ドラマ『夜行観覧車』公式)の第6話『悲しい罪の告白…ついに、犯人逮捕!?』の感想。
なお、湊かなえ氏の原作小説は未読。

正味、冒頭数分と終盤10分だけ?

前回までの家族内や家族同士の四方山話の詰め合わせ状態から、やっと“あの事件”に話が戻ってきた。と言っても冒頭数分間と終盤の10分程度と、中盤の35分は“何だったの?”状態。
肝心の終盤も真弓(鈴木京香)が淳子(石田ゆり子)に「信じてる」と連呼するだけで、その根拠も不十分でイライラ…

まっ、本作は変な登場人物たちとその場足踏み状態の物語に、イライラしながら観るのが正しい楽しみ方のようだからしょうがないのかもしれないが…
ドラマとして考えると、明らかな引き伸ばしはミステリーには逆効果にしかならないと思う…


これだけ中盤35分近く、本題と離れた部分の話題で引っ張られると、書きたい感想も出てきません。確かに登場人物たちの心の変化は知りたい所ですが、本当に知りたいのは“あの事件の真相”です。そのために必要な表現は良いですが、そうでないシーンについては抑え目にしないと、面白味すら削り取ってしまうのはないでしょうか。
今更ですが、二時間ドラマくらいが丁度良かったかもしれませんね。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

     

夜行観覧車 (双葉文庫) [文庫] 湊かなえ
高校入試 シナリオ [単行本] 湊かなえ
贖罪 (双葉文庫) [文庫] 湊かなえ
VOICE(スペシャル盤)(DVD付) A.I.


ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング
あとで読む


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4258/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/329195537.html でも、受け付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【夜行観覧車】 第6話 感想

難しいよな。家族ってのは。 ボタン1個かけ間違えると、思ってもみない方に転がって、 こんなはずじゃなかったってあがいても、どうやって戻ったらいいのか分からない。 夜行...

夜行観覧車(6)

悲しい罪の告白…ついに、犯人逮捕!?

夜行観覧車 第7話

私がやったの----- 逃亡中の淳子からそう告げられ真弓。 それが本当ならば---何故慎司は失踪したのか? 何故淳子は自らも失踪し慎司を探していたのか--? 直子の夫啓介はやはり何か

夜行観覧車 第6話:悲しい罪の告白…ついに、犯人逮捕!?

淳子が犯人??ヾ( ̄0 ̄;ノ オーット だとしたら、慎司に向けての「ごめんね」の言葉の意味は? んで、何で慎司は逃げ続けてるの? つか、淳子すげぇな!あんなたくさんの警察官に追わ

夜行観覧車 第6話

真弓(鈴木京香)に逃亡中の淳子(石田ゆり子)から連絡が入って、二人は朝早く高台の公園で待ち合わせをします。 真弓はやつれた淳子を見て驚きますが、事件の翌日、淳子が真弓

夜行観覧車 第6話

第6話 「悲しい罪の告白…ついに、犯人逮捕!?」 2013年1月26日、?橋弘幸(田中哲司)が殺された事件から4日後の朝、遠藤真弓(鈴木京香)は弘幸の妻・淳子(石田ゆり子)と公園

夜行観覧車 第6話

『悲しい罪の告白…ついに、犯人逮捕!?』 内容 事件の4日後。 失踪中の淳子(石田ゆり子)からの連絡を受け、 真弓(鈴木京香)は、待ち合わせの場所へと向かう。 すると淳子から...

「夜行観覧車」第6話。

「夜行観覧車」の第6話を見ました。このドラマは全10話だそうですが、あと4話ももつのかなと心配であります…。

夜行観覧車 第6話

今回は彩花が暴れるシーンがなかったので、一息つきながら見ることが出来ました。そして良幸があの、超絶に非常識な女に「帰ってくれ」と言ってくれて、ほっ。<続きは本家記事でご...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR