サキ (第7話・2/19) 感想

フジテレビ系ドラマ『サキ』公式)の第7話『母へ~明かされる“悪女”の履歴書』の感想。

やっと…

第6話にして、やっと私がサキ(仲間由紀恵)に「お前は何を考えているんだ!」と突っ込めるくらいに、材料が揃ってきたと言う感じだ。それにしても、ここまでサキの“何かありそう”的な焦らし作戦が長かったのなんの。ホント、やっと…

今度は…

視聴者への焦らし作戦に軽く一区切りをつけたと思ったら、今度は驚くほどにトントン拍子にあれこれ進み出した。でも、この位にネタ見せをしてテンポ良くしないと、そろそろ訪れるであろう最終章が辻褄合わせだけになってしまう可能性もあるから良いとしよう…


これまで“偶然”として描いてきたことを上手く回収して、『美しい隣人』のマイヤーさんのような妖艶で魅力的なドラマのキャラクターが出来るのか、ちょっと心配です…


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

     

美しい隣人 DVD-BOX
名前をなくした女神 DVD-BOX
最高の人生の終り方~エンディングプランナー~ DVD-BOX
Catch Me -If you wanna- (CD+DVD) (初回生産限定) 東方神起


ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング
あとで読む


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4252/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/324086362.html でも、受け付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サキ 第7話「母へ…明かされる“悪女"の履歴書」

三人目のターゲット本田も自滅に追い込んだサキ。 ステーキはあと2枚。 狙うのは須藤と隼人でしょうか。 ちゃくちゃくと完全犯罪(?)を進めていくが思わぬ綻びが? (あらすじ) ...

サキ 第7話 感想

サキ 姉弟ごっこは終わりね(中略) 虫唾が走るのよ… マイヤーさん本性キタ――(゚∀゚)――!! …これも計算かもしれませんがね(笑 弟の話は本当の話だったような気がしますの ...

「サキ」 第7話 母へ 明かされる”悪女”の履歴書

「私・・・血の繋がりを何の疑いもなく信じている人を見るとね・・・・虫唾が走るのよ」 サキ  さて、情報を整理してみますか・・・ サキの回想が真実だとすると、サキと隼人 ...

サキ 第7話:母へ…明かされる“悪女”の履歴書

三度目キターε=ε=ε=ε=ヾ( ゚д゚)人( ゚д゚)ノ゙ さすがに三度も続けばいくら鈍い隼人でもこれは偶然ではないと気付いたようだったけど、 直美達が追ってる事件の犯人が本田だって気

サキ 第7話

ホテルでサキ(仲間由紀恵)は、隼人(三浦翔平)に「弟と思えない時がある」と告白します。 サキに惹かれていた隼人は、理性と感情の狭間で揺れ動いていますね。 思わせぶりな

サキ 第7話

『母へ〜明かされる“悪女”の履歴書』 内容 「私は隼人のことを弟だって思えないときがある。隼人は?」 サキ(仲間由紀恵)の告白に、動揺する隼人(三浦翔平) そんななか、事件...

【サキ】第7話 感想

キューピッド君、手術が成功したの。 それでね、これからリハビリだねって言ったら何て言ったと思う? 「誰にも頼らず独りで頑張る」って。 偉いよね。 私、うれしくなっちゃっ...

サキ 第7話

少し前から本田さんは変わりました。 ある女性と知り合ったからだと思います。 彼を励ましているサキを目撃した隼人は 彼を変えた女がサキだと確信し呆然----。 隼人の心も今にも

ドラマ「サキ」 第7話 あらすじ感想「母...

隼人のことを弟だって思えないときがある-----------!!2度目の偶然。サキを信じたい。でも・・・不審感が芽生える隼人。そして、押し殺した想いが溢れる前にサキに返事を返せず-------...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR