終電バイバイ (第6話・2/18) 感想

TBSテレビ系ドラマ『終電バイバイ』公式)の第6話『六本木駅』『(ラテ欄)第六夜・六本木駅~深夜の秘密の教室』の感想。

くだらないのも通り越すと面白くなる!

『六本木』と言うから、少しはお色気があると思ったが、ここまでお色気を変換してくだらないのを通り越すと返って面白くなる、正にそんな感じだった。

話は、童貞をこじらせた真面目な30歳代の吉田(古山憲太郎)と、その部下で終電を逃したばっかりに嫉妬したり性癖までおかしくなった20歳代の三浦良夫(濱田岳)の少し捻った大人の男同士の性の話

今回は脚本と演出のバランスも良かった。脚本は第1,2話担当の岩井秀人氏で、過去回よりネタも流れもオチも良かった。演出は第5話の柴田大輔氏、前回同様に2人の会話のやりとりの上手さが光った。


ゲストの古山憲太郎さんのキャラクターが十分に活かされて面白かったです。相変わらず駅名も関係なくロケ撮影の面白さは少なかったですが、終電を逃してこそのきっかけで始まった話だったのは良かったかも。次週も期待します…


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

     

イロドリヒムラ [DVD]
走馬灯株式会社 [DVD]
放課後はミステリーとともに [DVD]
終電バイバイ―真夜中の大人の冒険 (リンダブックス) [文庫]


ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング
あとで読む


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4249/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/323875653.html でも、受け付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR