カラマーゾフの兄弟 (第3話・1/26) 感想

フジテレビ系ドラマ『カラマーゾフの兄弟』公式)の第3話『長男・満 棄てられた犬』の感想。
なお、原作である文豪フョードル・ドストエフスキーの長編小説はだいぶ前に既読。

あとは女性陣か…

吉田鋼太郎と滝藤賢一さんの演技の印象が強過ぎて、どうしても他の出演者と比較してしまう。ただ、2人の好演による人間臭さやリアリティこそ本作の魅力の一つだから、特に女性陣にはより一層期待したい。
それも相まって(理由は以下もある)、結果的に内容が少々チープに見えてしまったような。でも、これもフジの土曜23時枠としては丁度良いのかもしれない…

演出家が違うと…

第3話から演出が都築淳一氏から佐藤源太に変わり、重厚な舞台調の演出が少し影を潜め、通俗的なメロドラマっぽい仕上がり寄りになった気がする。
第1話の感想でも書いた通り、私にとっての本作の面白さの一つに、旺季志ずか氏が書く、あの難解な名作を良い意味で現代風な心理ミステリードラマに仕立てた脚本にあると思っている。だからこそ、映像は脚本寄りにならない方が“本作らしさ”を失わないと思う…


いろいろ書きましたが、このドラマは楽しいです。音楽やカットのインサートの仕方とか個性的で。ただ、マンネリ化の様相も少し見えてきたので、次週から何か起爆剤を投入して、このエネルギッシュなドラマを続けて欲しいです。


【これまでの感想】
第1話 第2話

     

カラマーゾフの兄弟〈上〉 (新潮文庫) [文庫]
カラマーゾフの兄弟〈中〉 (新潮文庫) [文庫]
カラマーゾフの兄弟〈下〉 (新潮文庫) [文庫]
カラマーゾフの兄弟―まんがで読破 [文庫]


ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング
あとで読む


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4199/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/316503519.html でも、受け付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カラマーゾフの兄弟 #03

『棄てられた犬』

【カラマーゾフの兄弟】 第3話 感想

あいつのいないとこに連れてってやるって約束したのに。 そんなこと気にしてたのか。 俺の中で…あの約束、生きてるから。 カラマーゾフの兄弟 第3話       初回に書

カラマーゾフの兄弟 第3話

『満 棄てられた犬 『長男・満 棄てられた犬』 「棄てられた犬 内容 刑事(滝藤賢一)の取り調べを受ける満(斎藤工) 被害者である父・文蔵(吉田鋼太郎)への殺意を問い正されて...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR