カラマーゾフの兄弟 (第2話・1/19) 感想

フジテレビ系ドラマ『カラマーゾフの兄弟』公式)の第2話『次男・勲 侵された魂』の感想。
なお、原作である文豪フョードル・ドストエフスキーの長編小説はだいぶ前に既読。

今週も面白かった…

父親のダメっぷりや刑事のえげつない取り調べなど、文豪の有名大作が原作とは思えない通俗なメロドラマっぽい作りが今週もちゃんと踏襲されており面白かった。しかし、この進行度合いで時間が足りるのか他人事ながら心配だ…

最終回までに間に合うのか?

原作既読の私は良しとして、未読の視聴者には、暴君である文蔵(吉田鋼太郎)が殺されて犯人探しのあとに何かあるのかわかりにくいと思う。
その原因が俳優陣の魅力で何とか留まっているような引き伸ばしだ。確かに音楽も相まって、原作の世界観に負けず劣らずのかなり独特な世界観を創り出していると思うが、やはり間に合うのだろうか…


この脚本・演出だと、今週は次男回で、来週は長男回、再来週が三男回と言う風に何となく先が見えてしまう。これが原作本を読んでいる時の時間の感じ方と異なるので、やはりこの位に有名な大作(に限りませんが)をドラマ化する時は時間配分はとても重要だと思います。別に無意味に見せ場を作ってくれとはいませんが…


【これまでの感想】
第1話

     

カラマーゾフの兄弟〈上〉 (新潮文庫) [文庫]
カラマーゾフの兄弟〈中〉 (新潮文庫) [文庫]
カラマーゾフの兄弟〈下〉 (新潮文庫) [文庫]
カラマーゾフの兄弟―まんがで読破 [文庫]


ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング
あとで読む


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4176/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/314392780.html でも、受け付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カラマーゾフの兄弟 #02

『次男~侵された魂』

【カラマーゾフの兄弟】 第2話 感想

心の奥底にたまった殺意。 それは、いつしか膨張し、突然コントロールの利かない衝動になってあらわになる。 それそのものが意思を持ったように全てをのみ込んでいく。 そして

カラマーゾフの兄弟 第2話

『勲 侵された魂 『次男〜侵された魂 内容 事件前、父・文蔵(吉田鋼太郎)に家族会議だと呼び出された3兄弟。 だが、文蔵は亡き兄弟の母・梓、詩織(安藤サクラ)をなじるなど、 ...

カラマーゾフの兄弟〜人間の本質は悪なのか? 極限状態の役者さんの演技にも注目!

 録画していた2話までを見ました。  人間の<負の部分>を徹底的に見つめた作品ですね。  父・文蔵(吉田鋼太郎)は金の亡者。  勲(市原隼人)が法学部への大学進学で、金を貸...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR