毒<ポイズン> (第10話 ・12/6) 感想

日テレ系ドラマ『毒<ポイズン>』公式)の第10話『刑事が毒を暴くとき』『(ラテ欄)ついに最終章突入!完全犯罪を可能にする究極の毒の秘密暴く』の感想。なお、赤川次郎氏による原作小説は未読。

ここへ来て“全編ほぼ総集編”とは残念…

前回で物語が「松井VS直美」に向かうのは解っていたし、今回は予告編で千葉(渡辺いっけい)が松井と絡むのも解っていたから、さてどうやって千葉刑事がブラック化するのかと思いきや、全編ほぼ総集編とは残念だった。
もう視聴者は固定客しかいないだろう(私の勝手な想像だ)から、新規の客寄せよりきっちり作り込んだ方が良いと思うが…


総集編でお話が進まないので、感想の書きようがありません。常連客を騙すようなことは逆効果だと思うんですけどね。ただ、あと3話あるから、「ここでもう一息」と力が入ったのかもしれませんけど…


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話

     

毒 POISON ポイズン (集英社文庫) 赤川 次郎 (著)
三毛猫ホームズの推理 [Blu-ray] 赤川次郎原作
芸人報道01 [DVD]
芸人報道02 [DVD]


ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング
あとで読む


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4082/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/305613951.html でも、受け付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

赤川次郎の毒<ポイズン> 第10話

直美(臼田あさ美)は、松井(綾部祐二)を目の前にしても証拠不十分で逮捕出来なかったことを悔やんで、事件の洗い直しをし始めます。 先輩の千葉刑事(渡部いっけい)にも協力

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR