相棒 season11 (第8話・12/5) 感想

テレビ朝日系ドラマ『相棒 season11』公式)の第8話『棋風』の感想。

既視感とベタさ…

私、基本的に将棋をやらないから、謎解き系のドラマで将棋ネタだと駒の動きに関心が行かずに結構冷静に見てしまう。そうなると、冒頭の対局のシーンで妙に目立つように撮影された時計係のノートパソコンが『VAIO』のロゴが妙に気になって。あのロゴが『Panasonic』や『dynabook』なら良かったのだが…
お蔭で冒頭から研究資金が自腹の先生が…と観始めたり、殺害現場のテーブルの脚の件が当たっちゃうと、ほぼ先が見えてしまった。また、お話自体も既視感もあったし、愚かな元女流棋士のお話と言うベタさ。まっ、好みの問題が大きいと思うが…

“相棒らしさ”が物足りない…

お話全体を通して、“相棒らしさ”が物足りなかった。確かに所々に右京節ならぬ右京(水谷豊)のお得意な台詞は散りばめられていた。しかし、それ以外には?と考えると、殆ど右京と享(成宮寛貴)らしい捜査や推理過程が描かれていなかったような。いや、相棒の存在感そのものが薄かった…
それでなくても『season11』になり。新相棒同士の対立も無く、ずっと以前からの馴染みコンビのように描かれているからこそ、“相棒らしさ”が重要だと思うのに。
その意味で考えると、「将棋」を「チェス」に変えれば右京が本領発揮出来たただろうし、享が右京に対抗し「将棋」に興味を持ってあの「将棋電脳戦」の現場に観に行っていたとか。幾らでも相棒らしい描き方が出来ると思うのだが残念…


“はぐれ死”を含めて並の刑事ドラマに感じてしまった今回の脚本家は、『相棒』初担当らしい金井寛氏。今後は“本作らしさ”を活かした脚本に期待したいです。
で、次回は享が記憶喪失といきなり飛び道具っぽいネタを持ってくるとはね。いろいろ試行錯誤を感じる『season11』ではあります。次週に期待します。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

     

FLIX (フリックス) 2012年 12月号 [雑誌] ★COVER★水谷豊&成宮寛貴
相棒season11 オリジナルサウンドトラック (初回生産限定) (2枚組ALBUM)
杉下右京の冒険 [単行本] 碇 卯人 (著)
相棒 season 10 ブルーレイBOX (6枚組) [Blu-ray]


ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング
あとで読む


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4076/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/305460614.html でも、受け付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

相棒season11 第8話

将棋名人・時田(竹財輝之助)との将棋電脳戦を前に、人工知能の開発者で、その将棋ソフトの開発者でもある大学教授・安西(木下政治)が研究室で遺体となって発見されます。 や

相棒11 第8話 棋風

『棋風』 内容 京南大学の安西由典(木下政治)が開発した人工知能・将棋ソフトMETiS3。 そのコンピューターの人工知能と戦う将棋棋士・田辺龍馬 それを将棋名人の時田正人(

「相棒season11」第8話

第8話「棋風」 視聴率14.0%     

相棒&銀魂

12月6日 相棒&銀魂 アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブログにTB入らない場

相棒11第8話(12.5)

『棋風』  脚本:金井寛 監督:近藤俊明 将棋の時田名人@竹財輝之助と人工知能の将棋電脳戦が注目される中、 人工知能の開発者安西教授@木下政治の遺体が大学の研究室で発見され...

相棒11 「棋風」〜懐かしい気持ちになりました。彼女の将棋好きなんですよ

 人は愚かで哀しいものなんですね。  12年間の時田名人(竹財輝之助)に対する怒りと復讐の思い。  実は犯人の勘違いと思い込みだった。  12年前の時田の意図は、「あの子が弱く

【相棒season11】第8話視聴率と感想「棋風」&...

今日(12/7)夕方の地震、長く揺れて、怖かったです。こちらは、大きな揺れではなかったですが、M7.3で、東北では震度5弱だった所もあったようです。宮城県に1mなど、東北の太平洋沿...

『相棒 eleven』 第8話「棋風」

人間対コンピュータの将棋対局  米沢さんじゃないけれど、世紀の対決にドキドキした。  でも、米沢さん、喜び過ぎ(笑) 棋風  将棋は最善手を追究する論理的なゲームであるが、

相棒11「棋風」

やはり、将棋モノは独特の味わいがあって傑作が多いですね。古畑任三郎で、坂東八十助をゲストに迎えた、「汚れた王将」もヨカッタし、ちょっと味わいが似てたけれど、相棒シリーズ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR