イロドリヒムラ (第8話・12/3) 感想

TBS系ドラマ『イロドリヒムラ』公式)の第8話『才能がない』の感想。

なお、面白いと思ったり出演者のファン読むと不愉快になるかも?ご了承を…

好みの問題として…

そもそも好みの問題として、犬童一心監督作品とはこの5年ほど波長が合わない。最新作の『のぼうの城(2012)』を始め、『グーグーだって猫である(2008)』も『ゼロの焦点(2009)』も好きな俳優さんが出演しており、こちらのハードルが高く設定されているせいもあろうが、配役頼みの自己満足的演出が目立って、主題が見え難かった。正に今回もそう。ただ大音量の音楽だけが心に残る…

わざわざ本企画で“ありがちなバンド解散話”を描くなら…

お話は至って“ありがちなバンド解散話”だから、バンドとその周辺を描くのは当然だが、如何せん描く世界観が小さいと言うか表面的。“解散”の裏には人生なり生き様なりがあるわけで、その辺の描写は大雑把。お蔭で、“バンドの解散”と“男女の別れ”がシンクロせずチグハグなまま終了。良く言えば「自主映画っぽい」が、「自主映画のまま」ってとも言える…


相変わらず今回のヒロイン役の市川実和子さんは、こう言う役が上手いですね。日村さんもギター演奏を活かした役で悪くなかったです。でも、脚本と演出に捻りが無かった。本作の企画意図を考えれば、前回のような斬新な作品を観たかったです。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

     

バナナマン傑作選ライブ DVD-BOX Punch Kick Chop
バナナTV~パリ編~(完全版) [DVD]
グーグーだって猫である Blu-ray スペシャル・エディション
ゼロの焦点(特典DVD付2枚組)


ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング
あとで読む


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4072/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/305123529.html でも、受け付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【イロドリヒムラ】第8話「才能がない」感想 市川実和子ゲスト・犬童一心監督回

イロドリヒムラ第8話「才能がない」       TBS「ドラマNEO」枠10月期。 「バナナマン・日村勇紀を10人の映画監督と10人の豪華女優でイロドるドラマ。」 と言うコンセプト

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR