MONSTERS (第6話・11/25) 感想

TBS系ドラマ『MONSTERS』公式)の第6話『変人刑事VS天才発明家!!完全密室は本当に完全?』の感想。

なぜ、今週はこうなったの?

先週まで、“平凡で普通なドラマになった”と良い意味で喜んでいたのに、今週は残念な仕上がり。もう、“劣化版古畑任三郎”と思われてもしょうがないような…。特に、平塚(香取慎吾)の仕草や罠の張り方は、オマージュで片付けて良いのやら?
なぜ、もっと香取さんを活かし、金田(遠藤憲一)のような個性的なキャラクターづくりをしないのだろう。

トリックを説明するドラマじゃつまらない!

ミステリー好きなら、ほぼ想像がつきそうなトリック。でも、一般的にはそれなりに捻りも感じられたと思うから、幅広い視聴者層には面白味もあったと思う。
しかし、後半の殆どが、主人公がトリックを説明するだけと言うのではつまらない、せめて推理に説得力があれば良いのだが、ほぼ物的証拠が無い状態で公判が維持出来ると思えないお話では頂けない…


もう一度原点に戻って、“誰が?”“どこが?”『MONSTERS』なのかを考えてみると、今一つ焦点がぼやけていると思います。視聴率重視で“普通のドラマ”化するのは多めに見ても、もう少し「モンスター」らしさを魅せて欲しいです。
来週は水野美紀さんがゲストなので、一つの刑事ドラマとしても期待したいと思います。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

     

MONSTERS(初回盤A) [Single, CD+DVD] The MONSTERS
刑事魂 ~ TV刑事ドラマソング・べスト
THE刑事☆究極の刑事ドラマ・テーマ集
男泣き!刑事ドラマ天国 (ナックルズブックス37)


ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング
あとで読む


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4049/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/303833587.html でも、受け付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MONSTERS 第6話

『変人刑事vs天才発明家!!完全密室は本当に完全? 内容 剣持(大竹まこと)から、小石川署へ戻るよう命じられた西園寺(山下智久) 所轄に戻り、殺人事件現場にいたところ、金

「MONSTERS」変人&新米刑事コンビ6密室殺人のトリックを見破ったが決定的な証拠が無く犯人を証拠があると騙して西園寺を再び捜査一課に復帰させた

「MONSTERS」第6話は西園寺が一か月以内に平八の悪事の証拠を見つけ出す事が出来ず再び所轄に戻される事となった。そんな中その所轄で密室殺人事件が起きて、またも平八と西園寺は ...

『MONSTERS』 第6話

「僕に何かあったら…」って、死を覚悟してまで犯人を突き止めたかったんですかね。「私は犯人が誰か知っています。 明日、調査委員会で直接話します。 証拠もちゃんとここにあり...

MONSTERS 第6話

公輔(山下智久)は、1か月以内に平八(香取慎吾)の不正の証拠を見つけ出すという、捜査一課長・剣持(大竹まこと)からの課題をクリア出来なかったために、元の所轄へ戻されるこ

MONSTERS #06

『変人刑事vs天才発明家!!完全密室は本当に完全?』

『MONSTERS』 第6話

 同時刻枠の『MONSTERS』 と『TOKYO エアポート』はそれぞれ録画して見ることにしていますが、なぜか『MONSTERS』ダブって録っていました。今週は観るだけで

CODE:BREAKER&MONSTERS

11月27日 CODE:BREAKER&MONSTERS アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR