相棒 season11 (第6話・11/21) 感想

テレビ朝日系ドラマ『相棒 season11』公式)の第6話『交番巡査・甲斐享』の感想。

今回のようにタイプが違う二人が描かれてこそ「相棒」だ!

脚本は徳永富彦氏で、今回も彼らしい事件はベタだけど、相棒ファンが観たい作品を書く人。で、今回はまさにそんな一本。事件の部分は置いておいて、今回注目したいのが「相棒」の描き方だ。
season11になり早6話だが、他人同士がくっついた「相棒」なのに、最初からしっくりコンビネーション・プレイが出来てして、相棒ファンとしては、もう少し対立しつつコンビが完成してく様を観たかったから物足りない状態…
それが、上手い具合に6年前の巡査・享(成宮寛貴)を登場させ、享の過去も描きつつ、個人的関係や私的感情で行動が左右する情熱家な享 VS 常に冷静沈着な右京(水谷豊)が、しっかり描かれたのが良かった。

一方、事件の描き方は少々雑で…

しかし、事件の部分は雑と言うか大雑把な感じ。良かったのは、最後に怒りをチェスにぶつける享くらい。情報は後出しジャンケンだし、トリックも共犯の共犯とかかなり強引過ぎる。
まっ、享が「信じて力になっていた→裏切られた→落ち込む」の流れと、特に“落ち込む享”を強く描くために複雑に捻ったのだろうが、もう少し不自然さを感じなければ良かったと思う…

さて、演出はちょっと違和感あり…

今回最も気になったのが演出。全体の演技指導(台詞回し)が舞台調だったのも気になるが、特にフレーム内での男たちの立ち位置。例えば、事件現場で享と奥山(賀集利樹)が最初に合う場面での顔の近さ。
また、宮が丘病院の屋上の看板の位置もエレベーターホールの車イスも美術的に不自然だが、その病院の屋上での男三人の構図に不安定なバランスのカットが数回あった。
まっ、あれだけの台詞量だと撮影時間が長くなって、影の位置やら大変だったと思うが。ならば、無理に屋上にする必要性も無かったような…


いろいろ書きましたが、今回のような右京と尊の違いを上手く魅せるような回を重ねてくれると嬉しいです。例えば、今回で凹んだ享がこれをステップにして成長するようなエピソードとか。
やはり『相棒』は、最初から意気投合して事件を解決するだけでは物足りないからです。次週に期待します。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

     

FLIX (フリックス) 2012年 12月号 [雑誌] ★COVER★水谷豊&成宮寛貴
相棒season11 オリジナルサウンドトラック (初回生産限定) (2枚組ALBUM)
杉下右京の冒険 [単行本] 碇 卯人 (著)
相棒 season 10 ブルーレイBOX (6枚組) [Blu-ray]


ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング
あとで読む


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4039/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/303279450.html でも、受け付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「相棒 season 11」第6話

両手の3本ずつの指紋。 6年前の事件の記憶。 第6話『交番巡査・甲斐享』ネタバレです。 相棒season11 オリジナルサウンドトラック (初回生産限定) (2枚組ALBUM)~近日発売 予約可~池 頼広...

相棒 season11 第6話「交番巡査・甲斐享」

特命係は角田課長のお手伝い。張り込みとかじゃなくて、経費とかの整理…って、ほんとただの雑用(笑)。カイト君が真面目にやってるのは微笑ましいけど、右京さんにこんなことをさ...

相棒11 「交番巡査・甲斐享」〜われわれの仕事は犯罪者を捕まえることなんです!

 右京(水谷豊)は享(成宮寛貴)に<刑事の仕事>を教えていますね。  今回は 「刑事が私情をはさむことは決して許されません! われわれの仕事は犯罪者を捕まえることなんです

相棒season11 第6話

享(成宮寛貴)のところに、元上司の中根署の堀江(山口良一)から連絡が入ります。 かつて享が交番勤務のころに扱ったストーカー事件の被害者・深雪(石原あつ美)が、自宅で何

相棒 season11 第6話「交番巡査・甲斐享」

 第6話「交番巡査・甲斐享」 JUGEMテーマ:エンターテイメント

相棒 season11 第6話 交番巡査・甲斐享

カイトくんの過去にまつわる話。 テコ入れ来ました!そろそろ判定の時期に? 公式HPよりあらすじ 特命係に配属され、相変わらず暇な享(成宮寛貴)は右京(水谷豊)とともに角田

相棒11 第6話 交番巡査・甲斐享

『交番巡査・甲斐享 内容 角田課長(山西惇)の組対五課の手伝いをする右京(水谷豊)と享(成宮寛貴) そこに享の所轄時代の上司・堀江邦之(山口良一)から連絡が入る。 6年前、

『相棒 eleven』 第6話「交番巡査・甲斐享」

事件関係者に感情移入する享 捜査に私情を挟んではいけないと戒める右京  右京の叱責に憤る享だが、それは自分の未熟さに対する怒りであった。  右京は享を人としての基本が出来て...

ドラマ「相棒season11」第6話 あらすじ感想...

人の想い---------------!!いやぁ、実に救いのない、でもカイトには必要な事件だった今回。これは刑事になるなら、誰もが通る道ではあるんだろう。右京の最後の言葉が重かった。そして...

相棒&銀魂

11月22日 相棒&銀魂 アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブログにTB入らない

【相棒season11】第6話視聴率と感想&相棒パン2...

「交番巡査・甲斐享」12月1日(土)より、紅茶味の「相棒パン」の第2弾が発売されるそうです。丁度、1年前に発売された第1弾の相棒パン、結構、おいしかったですけどね。今回のはど...

相棒11「交通巡査・甲斐享」

かなりビターだったけれど、いかにも相棒らしいオハナシでした。 享(成宮寛貴)の交番時代のストーカー事件が、ついに最悪の結末に。当惑し、炸裂する、彼の若さ。 でも、右京

相棒 season11 第06話 感想

 相棒 season11  第06話  『交番巡査・甲斐享』 感想  次のページへ

相棒11第6話(11.21)

『交番巡査・甲斐享』  脚本:徳永富彦 監督:和泉聖治 奥山深雪@石原あつ美が殺害されたという 中根署からの知らせにショックを受ける甲斐@成宮寛貴。 交番勤務時代、甲斐はス

相棒感想 相棒Season11 第6話「交番巡査・甲斐享」

    人は変わるんだ・・・

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR