宮部みゆきミステリー パーフェクト・ブルー (第7話 ・11/19) 感想

TBS系ドラマ『宮部みゆきミステリー パーフェクト・ブルー』公式)の第7話『ひき逃げと児童虐待悔いた母…命を賭けたつぐない』の感想。
なお、宮部みゆき氏の原作小説『パーフェクト・ブルー』と『心とろかすような─マサの事件簿』は未読。WOWWOWと劇場公開された2010年版も未見。

なお、面白いと思ったり出演者のファン読むと不愉快になるかも?ご了承を…

今週も構成がザックリし過ぎ。且つ今週は詰め込み過ぎ!

先週も書いたが、子役で泣かせようと言う部分と、例の「パーフェクト・ブルー」のくだりを、加代子(瀧本美織)を中心に強引に見せたいだけのような感じだった。やるなと言わないが、やるならもう少し構成を工夫して欲しい。

まずは、加代子が何でも首を突っ込み過ぎ(しかし、実はたいした活躍はしていないのだが)。そのお蔭で主軸の事件の調査さえぼやけてしまった。やはり全体の構成の中で無理の無いように活躍させないと、主人公だからと言ってどこにでも登場して良いと言いモノではないと思う。

事件については、被害者と加害者の家族の両方を描いていいとこ取りをしたかったのだろうが、こちらは詰め込み過ぎ。子役で泣かせたいなら、そちらに絞るべき。これは配役への配慮とか大人の事情があったかもしれないが…


回を追う毎に仕上げが雑になって来てますね。寺脇康文さんのシェーカーを振る演技も身が入っていないし(笑)。ただ、今回は「パーフェクト・ブルー」のくだりが若干少なめだったのが唯一の救い。放送前の財前直見さんと瀧本さんの壮大な番宣キャンペーンは何だったんだろう…


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

     

浪花少年探偵団 DVD-BOX
パーフェクト・ブルー (創元推理文庫) [文庫] 宮部 みゆき (著)
心とろかすような―マサの事件簿 (創元推理文庫) [文庫] 宮部 みゆき (著)
My Perfect Blue/ゆくゆくは(初回限定盤)(DVD付) 柴咲コウ:CD


ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング
あとで読む


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4035/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/302885340.html でも、受け付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

宮部みゆきミステリー『パーフェクト・ブルー』#7

『ひき逃げと児童虐待悔いた母…命を賭けたつぐない 内容 児童福祉司の前川靖子(田島令子)が、蓮見探偵事務所にやってくる。 水沢夏美(いせゆみこ)という女性が、バイクにひき

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR