孤独のグルメ Season2 (第4話・10/31) 感想

テレビ東京系ドラマ『孤独のグルメ Season2』公式)の第4話『群馬県邑楽郡大泉町のブラジル料理』『(ラテ欄)群馬これぞ“男気”肉祭り衝撃!南米料理と遭遇溢れる肉汁シュラスコ熱ッ!甘ッ!チュロス』の感想。なお、Season1(2012年)は全話鑑賞済み。

ほほう、濃い目のドラマ仕立ても悪くない…

第3話も観たが感想は一回抜き。今回は導入的なあっさり風味な役割のドラマ部分だが、今回は名脇役の一人・相島一之さんと第7回東宝シンデレラの鎌田楓子さんと、予想外のしっかりした味付け。
ちょうど井之頭五郎(松重豊)と梨沙の年齢差が、私と姪っ子の女子高生と同じくらいだから、何とも親近感もあったり。たまには、この位しっかり濃いめのドラマ仕立ても悪くない…

ポルトガル料理とピンガ…

義理の両親が、以前数年間ブラジルのリオにボランティアの技術協力で住んでいたから、幾度か日本で入手可能な食材で、ポルトガル料理を食べさせてもらったことがある。劇中にも登場した豆と豚肉、牛肉を煮込んだ『フェジョアーダ』風も『シュラスコ』風も頂いたのを思い出した。
ブラジルのスピリッツ『ピンガ(カシャッサとも言う)』を使ったカクテル『カイピリーニャ』。今ではラム酒で代用するバーが増えているが、やはりピンガとピンガ専用のすりこ木を使わないとウマくない。


久し振りにガッツリと『シュラスコ』を食べたくなりました。原作者・久住昌之さんのコーナーはおまけのような存在だと思ってる視聴者もいるかもしれませんが、本当の店主や店員さんが観られるから、むしろ程良いデザート感覚で楽しんでます。


【これまでの感想】
Season1(最終回) Season2第1話 第2話

     

孤独のグルメ DVD-BOX
「孤独のグルメ」O.S.T. [Soundtrack]
ひとり家飲み通い呑み [日本文芸社] [単行本]
孤独のグルメ 【新装版】 [コミック]


ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング
あとで読む


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3988/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/300146765.html でも、受け付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR