毒<ポイズン> (第5話 ・11/1) 感想

日テレ系ドラマ『毒<ポイズン>』公式)の第5話『カリスマ主婦が旧友を殺すとき』『(ラテ欄)セレブ主婦の絶対に隠したい秘密!過去をネタにゆする友殺す』の感想。なお、赤川次郎氏による原作小説は未読。

なお、本作を面白いと思った方や出演者のファンの皆さんは読むと不愉快になりますから、読まない方が良いです。

大人の事情も「毒」で薄まるの?

第5話にして、やっと大人の事情が薄まったようだ。これこそ「毒」の薬効と思いきや、脚本が鈴木智氏から武田有起に代わってた。どちらが原因かはわからないが、ようやくマシなミステリードラマの体をなし始めた、そんな印象…

個人的には…

警察のくだりも排除して、直美(臼田あさ美)は謎の科学者・松井(綾部祐二)の愛弟子で、松井の不穏な行動に不信を抱き、研究している「薬」の真の目的を探す謎解き程度の方が、シンプルで面白いと思う…


まさに「シンプル・イズ・ベスト」って感じです。これなら次回も楽しめそうです。やはり大人の事情は毒消ししてよかったと思います。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

     

毒 POISON ポイズン (集英社文庫) 赤川 次郎 (著)
三毛猫ホームズの推理 [Blu-ray] 赤川次郎原作
芸人報道01 [DVD]
芸人報道02 [DVD]


ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング
あとで読む


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3987/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/300006523.html でも、受け付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

赤川次郎の毒<ポイズン> 第5話

大西冴子(上原美佐)は、発売した料理本がベストセラーになり、カリスマ主婦としてメディアに取り上げられていました。 モデル並みのルックス、並はずれた料理の腕、弁護士のダ

毒<ポイズン> 第5話

『カリスマ主婦が旧友を殺すとき 「セレブ主婦の絶対に隠したい秘密!過去をネタにゆする友殺す 内容 カリスマ主婦の大西冴子(上原美佐)のもとに一通の封書が届けられる。 その中

毒 ポイズン第5話(11.1)

料理本がベストセラーとなる料理研究家、しかも夫は弁護士、 カリスマ主婦ともてはやされている大西冴子@上原美佐、 だが、かつての悪友美保@平岩紙が 過去の悪事の証拠写真をネタ...

毒(5)

視聴率は 3.4%・・・前回(3.3)より カリスマ主婦が旧友を殺すとき

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR