宮部みゆきミステリー パーフェクト・ブルー (第3話 ・10/22) 感想

TBS系ドラマ『宮部みゆきミステリー パーフェクト・ブルー』公式)の第3話『(ラテ欄)24年後の脅迫!狙われた過去…母が隠す娘の秘密とは』の感想。
なお、宮部みゆき氏の原作小説『パーフェクト・ブルー』と『心とろかすような─マサの事件簿』は未読。WOWWOWと劇場公開された2010年版も未見。

なお、本作を面白いと思った方や出演者のファンの皆さんは読むと不愉快になりますから、読まない方が良いです。

四人のベテラン女優の共演で、最もマシな仕上がりになった!

今週は、先週よりも更にマシになったと思う。何せ調査は、所長の蓮見杏子(財前直見)とベテラン調査員の三浦美智子(根岸季衣)の二人、時間の関係者が紺野千尋(手塚理美)と真島啓子(愛華みれ)の二人。
このベテラン女優四人で確実に着実に調査が進んで謎が解けていくんだから、ミステリーの面白さは別にして、(敢えて過去2話と比べるとだが)普通のミステリー・ドラマを観ているような安心感さえあった。でも、これで良いのか?

主人公も犬もいない方がマシってのはどうかと思う…

原作では犬・マサがどこまで活躍するのか知らないが、わざわざ鳴り物入りでアフレコに船越英一郎さんを依頼した割に、マサがストーリーテラーとしても存在する意味が無いのはどうだろう。
そして何より、主人公の蓮見加代子(瀧本美織)が美智子のほぼ聞き役で台詞の数も極端に減った方が、ドラマとしての完成度が高まると言う脚本と演出も合点がいかない。
さも重大な謎でも隠れているように「パーフェクト・ブルー」と呟き、最後に取って付けたようにまとめるだけの主人公では、本作が民放連続ドラマ単独初主演の瀧本さんがかわいそう…


結局、蓮見探偵事務所の中での加代子のポジションが不安定のまま脚本を書き出しちゃってると思います。だから、先週まであちこちに首を出すだけになってたし、今週は単なる聞き役で終わってしまったと。

いっそ、探偵事務所の先輩や同僚たちとコンビを組んで、加代子が徐々に成長していく過程を描きながら、最後の例の謎に繋げるような主役の魅せ方を工夫した方が賢明だと思います。


【これまでの感想】
第1話 第2話

     

浪花少年探偵団 DVD-BOX
パーフェクト・ブルー (創元推理文庫) [文庫] 宮部 みゆき (著)
心とろかすような―マサの事件簿 (創元推理文庫) [文庫] 宮部 みゆき (著)
My Perfect Blue/ゆくゆくは(初回限定盤)(DVD付) 柴咲コウ:CD


ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング
あとで読む


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3960/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/298597905.html でも、受け付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

宮部みゆきミステリー『パーフェクト・ブルー』#3

『24年後の脅迫!狙われた過去…母が隠す娘の秘密とは』 内容 紺野ひかり(水谷妃里)が、母を探して欲しいと探偵事務所にやってくる。 近々結婚するのだが、初めて生みの母がい

宮部みゆきミステリー『パーフェクトブルー』 第3話

 今回は探偵ドラマだった。推理はほとんどなかった。  いえ、別に「推理」が必須という決まりはないので、それはそれでいいのかもしれない。  推理がないと言っても、謎はあった...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR