毒<ポイズン> (第1話 ・10/4) 感想

日テレ系ドラマ『毒<ポイズン>』公式)の第1話『男が恋人を殺すとき』『(ラテ欄)完全犯罪をどうぞ!邪魔な恋人を殺す時』の感想。なお、赤川次郎氏による原作小説は未読。

作り込みはそれなりに丁寧だが…

演技力は別にして俳優の人数は多いし、脚本も演出も冒頭の警視庁の全景カットの編集以外、作り込みはそれなりに丁寧だと思う(面白いかどうかは別にして)。指示書のような細かい脚本を一行一行撮影し編集したような。お蔭で第1話なのに、良い意味でのスタイルなりパターンを魅せてきたと思う。

緊張感もメリハリが無く…

しかし、本作で最も大切な毒や事件を謎めく存在にするために妙にモノローグ処理が多くなったり、話を複雑に見せようとちょこちょこ謎の科学者・松井(綾部祐二)が登場させたことで、全体的に緊張感もメリハリが無く、ただ淡々と進んだ印象。凶器は毒と決まっているから、それでなくても悪い意味でパターン化する可能性は大。
どうやらこの毒が次々と人の手に渡り、その人物の悲喜交々を描くのがメインのようだから、松井の出番を減らして人間ドラマの部分を強調しないと期待薄…


一言で言うと「想像していたドラマと違う」って感じでしょうか。毒の薬効も人手に渡っていくことも冒頭にあっさりナレーション処理して、謎の科学者や刑事役を削って、毒を手にする人間にもっとスポットを当てないと何を描きたいのか見えてこないと思います。

毒がどうやってどのような次の人に渡るのかは興味が湧いたので、次週も観ようと思います。また、原作のアイデアは面白そうなので、あとは脚本と演出次第だと思います。具だくさんの薄味のごった煮ではつまらない…

     

毒 POISON ポイズン (集英社文庫) 赤川 次郎 (著)
三毛猫ホームズの推理 [Blu-ray] 赤川次郎原作
芸人報道01 [DVD]
芸人報道02 [DVD]


ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング
あとで読む


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3918/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/295537723.html でも、受け付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

赤川次郎の「毒<ポイズン>」第1話〜小泉孝太郎は”ヒジキ”より”キャビア”がお好き

赤川次郎の「毒」第1話 「男が恋人を殺すとき」 最近は「赤川次郎の‥」「東野圭吾ミステリー」「宮部みゆきの‥」とか、作家のネームバリューに頼りきったドラマが増えましたね...

赤川次郎原作 毒<ポイズン> 第1話

どんな科学捜査でも検出は不可能、効き目は24時間後に現れるのでアリバイ作りも完璧という毒薬があるそうです。 開発したのは、謎の科学者・松井十一(綾部祐二)。 その毒の存

毒<ポイズン> - 綾部祐二 臼田あさみ

毒<ポイズン> 木曜 23:58 日本テレビ 2012年10月4日~ [キャスト] 綾部祐二(ピース) 臼田あさみ 渡辺いっけい 坂本あきら 是近敦之 上西恵(NMB48) 木村祐一 ほか [

毒<ポイズン> 第1話

『男が恋人を殺すとき 「完全犯罪をどうぞ!邪魔な恋人を殺す時 内容 どんな科学分析でも証拠が残らない完璧な毒。。。 そんな噂が、ネットを駆け巡っていた。 警視庁捜査一課におい...

毒(1)

視聴率は 3.7% 男が恋人を殺すとき

毒 ポイズン第1話(10.4)

赤川次郎原作だそうですが、原作未読。 証拠が残らない毒薬を手に入れた人間の顛末を描くオムニバス形式のミステリードラマ 初回、毒薬を手に入れたのは、 社長令嬢との結婚が決まり...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR