浪花少年探偵団 (第10話・9/3) 感想

TBS系ドラマ『浪花少年探偵団』公式)の第10話『クリスマスの惨劇と女の友情』の感想。なお、東野圭吾氏の原作小説『浪花少年探偵団シリーズ』『しのぶセンセシリーズ』は未読、2000年版のドラマも未見。

本格ミステリーだが…

まず江戸っ子の私には関西弁のドラマは内容が頭に入りにくいし、それを横に置いておいてもこれと言って面白いとも思わない。では、なぜ観るのかと言うと、意外なほどに本格ミステリーだからだ。とは言え、事件そのものの陳腐さや謎解きの面白さは、脚本も演出も少々強引の上に詰めが甘くて、見所は小ネタくらいしかないのだが…

子供向けなら…

放送時間枠からして、対象視聴者に子供を想定内にしているとしたら、毎回殺 人事件があったり、それも意外に自 殺が多かったりして、親御さんとしたら子供に見せたいかなと思う。他人に罪をなすりつけるような登場人物もどうかと思う。もう少し明るく前向きなドラマなら視聴率も上がったろうに…


浪花少年探偵団が学校が休みで無いとフル活動できないからでしょうが、今の季節に、ここまで堂々とクリスマスから年始までのお話を見せられても、違和感があって余計に面白味を感じにくかったです。で、次回は最終回でもないのに、しのぶセンセの最後の事件???


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話> 第9話

     

東野圭吾公式ガイド 読者1万人が選んだ 東野作品人気ランキング発表 (講談社文庫)
新装版 浪花少年探偵団 (講談社文庫) [文庫] 東野 圭吾 (著)
新装版 しのぶセンセにサヨナラ (講談社文庫) [文庫] 東野 圭吾 (著)
また明日【初回盤】 ゆず | 形式: CD


ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング
あとで読む


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3858/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/290160211.html でも、受け付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「浪花少年探偵団」第10話

第10話「しのぶセンセのクリスマス」 視聴率5.4% 

浪花少年探偵団 第10話

『しのぶセンセのクリスマス』 「クリスマスの惨劇と女の友情 内容 クリスマス・イヴの日。 母・妙子(松坂慶子)と買い物に出かけたしのぶ(多部未華子)は、 偶然、本間(山本耕史...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR