ビューティフルレイン (第7話・8/12) 感想

フジ系ドラマ『ビューティフルレイン』公式)の第7話『二人で暮らせない!?辛い父の決断…』の感想。

演出家交代で見違えるような仕上がりに!

まず、冒頭の圭介(豊川悦司)と美雨(芦田愛菜)の父娘の描写に、これまで暗雲のように漂っていた“愛菜ちゃん頼み”が夏の青空のようにすっきりと晴れ、自然な父娘像を演出しているのにとても好感が持てた。

クレジットを見ると、これまで演出補だった八十島美也子氏の格上げ。女性目線が影響しているのかわからないが、全体的に鼻につくような“大人の事情”の臭さも感じさせないし、何より昭和の良き時代のホームドラマ風の温もりさえ感じた。こう言う演出のドラマが観たかったのだ。

脚本も交替したような。叱られたか心機一転したのか?

脚本家も交替したような仕上がりになった。これまでは愛菜ちゃんの泣きのシーンを作るのが第一目的だったために、とにかく父の病気はそっちのけで美雨の事件ばかり創り出して、お涙頂戴の繰り返しだった。

ところが、今回は圭介と美雨が病気を中心に協力し、きちんと父の手一つで育ててきた苦悩や幸せが描かれた。何も病気がテーマのドラマだからと言って、父が娘に病気を告白し、離れたりくっついたりを描けば良い訳で無いはず。この調子でもっと父と娘の愛の本質を描いて欲しい。


アカネ(中谷美紀)を始め脇役たちが上手く動き出したと思います。そして何より美雨役が「子役・愛菜ちゃん」から「女優・芦田愛菜」になってました。やはり人気は伊達じゃなかったです。他の子役たちとは一線を画してました。

劇中で美雨が「だからリハーサルには行きたくない」と言いますが、私は「もうリハーサルは観たくない」と言いたいです。残りの数話もこの路線でお願いします。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

     

本当の若年性アルツハイマー病―誤解だらけの難病を理解する最新知識 [単行本] 志村 秀樹 (著)
本人・家族のための若年性認知症サポートブック [単行本] 小長谷 陽子 (著)
(ラーゴム) LAGOM 手描きドットプリントフリル前開きブラウス
雨に願いを(初回限定盤)(DVD付) 芦田愛菜 | 形式: CD

ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング
あとで読む


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3804/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/286372772.html でも、受け付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ビューティフルレイン】第7話

私はちゃんと話した方がいいと思う。 病状を正直に話すことはもちろん、今後症状が悪化したときに備えて 美雨ちゃんをどうするか、きちんと相談しといた方がいい。 問題が起き

ビューティフルレイン #07

『二人で暮らせない!?辛い父の決断…』

ビューティフルレイン(7)

視聴率は 8.0%・・・前回(10.9)より 二人で暮らせない!?辛い父の決断・・・

ビューティフルレイン 第7話

『二人で暮らせない!?辛い父の決断…』 内容 その日、朝から美雨(芦田愛菜)は上機嫌。 父・圭介(豊川悦司)に“明日行きたいところ”を並べ立てていた。 そう。。明日、祖父・一

ドラマ「ビューティフル・レイン」 第7話...

祖父母がやってくる-------!!大はしゃぎの美雨。でも・・・圭介には不安がよぎる。美雨と一緒に暮らしていくのはこの先難しくなる。面倒を見てくれる人を探した方がいいと言った古...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR