GTO (第5話・7/31) 感想

フジ系ドラマ『GTO』公式)の第5話『鬼塚怒り爆発虐待親から涙の救出』の感想。なお、原作の藤沢とおる氏の漫画『GTO』は未読、反町隆史主演ドラマ『GTO(1998年)』と映画版『GTO(1999年)』は視聴済み。

なお、本作を面白いと思った方や出演者のファンの皆さんは読むと不愉快になりますから、読まない方が良いです。

5週間待った甲斐があった!

作り手が馴染んできたのか、観ている私が慣れたのかわからないが、第5話にしてやっと“本作らしさ”が描かれたと思う。こう言う現実味は置いといて、破天荒な教師が滅茶苦茶をやってこそ『GTO』。この方向性を保持して貰えれば、何とか最終回まで付き合えると思う。

いろいろわかりやすくなった!

前回まで懸案事項だった点がほぼ解決したのも良かった点。一人の生徒役のPVにもなっていなかったし、冬月あずさ(瀧本美織)も鬼塚(AKIRA)と対比して描かれてきちんと役目を果たしていたし、生徒たちの勢力図もわかりやすくなった。特に相沢雅(川口春奈)の心情が表現されて、この先に興味関心を持てるようにしてあったのも悪くない。


こんな感じが限界なんでしょうかね、2012年版は。と言うか、98年版も三十代半ばでしたらか、こちらも結構冷静に観ていたので、あとは演技力や俳優さんの存在感の違い位かなと思います。それより、あの双子の鈴木姉妹。よくキャスティングしたなと思います。いろんな意味で…(苦笑)


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

     

GTO 全25巻完結セット (少年マガジンコミックス) [コミック]
GTO DVD-BOX
GTO スペシャル [DVD]
ビーチボーイズDVD BOX


ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング
あとで読む


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3780/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/284233502.html でも、受け付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

GTO 第5話

『鬼塚怒り爆発虐待親から涙の救出 『GTO一番の衝撃話!鬼塚怒り爆発!虐待親から涙の救出だ!』 内容 水泳の授業を見にやって来た鬼塚(AKIRA) だが堂島誠也(白濱亜嵐)

「GTO」この時代に鬼塚は必要か?5これがお前の母親の現実だ!ダメな母親の現実を見た息子はその現実を受け入れ母親を切り捨てた

「GTO」第5話は鬼塚はプールの授業で堂島誠也が泳げないものと勘違いして服を脱がすと何と入れ墨が露わになった。その場を立ち去った堂島にどうして入れ墨が入っているのか?を村 ...

GTO #05〜モスラか! 莉子と神子 (鈴木姉妹AMIAYA)から『エリア51』の匂い

GTO 第5話 「鬼塚怒り爆発虐待親から涙の救出」 話自体は”定番の強み”って言うか、お約束のパターンなので、可も無く不可も無く・・。 昭和40年代に放映された夏木陽介の

GTO 5話

公式サイトざっくりと感想を書きます。突っ込んでますので、ご注意下さい。<続きは本家記事でご覧ください。>※本家の記事のURLhttp://miru-yomu-kiku.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/gto-5-7c8a.htmlこ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR