走馬灯株式会社 (第3話・7/30) 感想

TBS系ドラマ『走馬灯株式会社』公式)の第3話『多岐川 理央 22歳』『(ラテ欄)夏夜のサイコスリラー』の感想。なお、菅原敬太氏の原作漫画は未読。また、パクリ疑惑のネタ元の短編映画『走馬灯屋の退屈』(YouTube)は鑑賞済み。

今回は今一つの仕上がりだった…

まず、CMが多過ぎて、物語はブツ切れになり話もなかなか進まず、その上これと言った展開も無いまま、あれで良かったのかな?と思うようなオチで、何とも消化不良で今一つの仕上がりだったのが残念。まっ、シリーズの統一感は保っていたから良かったが…

デジャブ感なり違和感があれば…

ネタバレしないように書こうと思うが、私が最後まで気になったのが、主人公は「なぜかこの村を知っている」と言うデジャブ感なり違和感を視聴者に漂わせながら、恐怖に巻き込まれた方が面白かったのでは思う点。結局「なーんだ、みんなそうだったんだ」と言うには、簡単に引っ越せたり出入りできる村の掟や物語の世界観も都合良すぎると思う。


いっそもっと残酷なエンディングでも用意されていれば良かったかもしれません。あのラストでは、モヤモヤが残ってしまいますから。しかし、温泉入浴シーンやら亡霊?やらで、夏休みのホラーとしてはがんばったと思います。来週はハッピーエンドかな。楽しみです。

なお、今週のお話は『第4巻』、来週は『第3巻』に原作が収録されているそうです。興味がある方は読んでみて如何ですか?


【これまでの感想】
第1話 第2話

     

走馬灯株式会社(4) (アクションコミックス) [コミック] 菅原 敬太 (著)
走馬灯株式会社(3) (アクションコミックス) [コミック] 菅原 敬太 (著)
走馬灯株式会社(5) (アクションコミックス) [コミック] 菅原 敬太 (著)
走馬灯株式会社(6) (アクションコミックス) [コミック] 菅原 敬太 (著)


ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング
あとで読む


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3779/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/284016371.html でも、受け付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【走馬灯株式会社】第3話「Disc3 多岐川理央 22歳」岩佐真悠子ゲスト回

友樹とは運命を感じるの・・・ 「走馬灯株式会社」第3話:Disc3 多岐川理央 22歳          ※以下の感想はネタバレしています。ネタバレはしないで見た方が面白い内容

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR