37歳で医者になった僕~研修医純情物語~(第9話・6/5) 感想

4/10からフジテレビで始まったドラマ『37歳で医者になった僕~研修医純情物語~』公式)の第9話『医者も一人の弱い人間という現実』の感想。なお、原作の川渕圭一氏の小説『研修医純情物語シリーズ』は未読。

なお、本作を面白いと思った方出演者のファンの皆さんは読むと不愉快になりますから、読まない方が良いです。

主人公はカレーライスを食べただけ?

まあ、ここまであれこれ描いて、あちこちにフラグを立てて引き延ばされると、もはや何を描きたいのか、主役は誰なのかわからなくなりそう、そんな脚本だ。
特に気になるのが主人公・紺野祐太(草彅剛)の存在感の薄さ。残念ながら葛城すず(ミムラ)のお見舞いとカレーライスを食べた位の印象しかない。
なのに物語はどんどん教授選中心に進み、最後に祐太と佐伯教授(松平健)の一騎打ちになるのかしらないが、その前に遅咲き医師として現場に新風を吹き込むような祐太を見たいのは私だけだろうか?

不器用で捻くれ者の遅咲き研修医の純情物語だったはず…

私は賛成はしないが、これまで折角自分の医師としての能力を棚に上げて現場を否定したり、指導医に内緒で「もっと良い治療方法がある」と患者に告げ、患者と指導医の対立を煽ったりと、祐太なりのやる気満々な個性が描かれていた。
しかし、今回は「自分と自分の大切なことを一番に考えろ」とあちこちから叱られた途端に一気に意気消沈ムードの祐太。逆に下田健太郎(八乙女光)が熱くなって…。
下田を描くのは悪くないし、吉田拓郎氏の「人間なんて ラララ ラララララ~」では無いが、様々な人間模様を描くのを否定はしない。観ていて腹が立ったが、最初の頃の“少々不器用で捻くれ者の遅咲き研修医の青臭い純情物語”が懐かしのも事実…


今週も祐太の存在感は薄かったです。すずとのシーンが手話により字幕になるため、余計に二人のシーンの印象が薄くなるのも影響していると思います。せめてすずの失声症と言う設定が無ければ…。
このままベタな医療ドラマで終わるのか、タイトルらしいドラマになるのか、その辺が見所なんでしょうか?


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

     

研修医純情物語―先生と呼ばないで [文庫] 川渕 圭一 (著)
ふり返るなドクター―研修医純情物語 [文庫] 川渕 圭一 (著)
僕と花 [Single, Maxi] サカナクション
37歳で医者になった僕~研修医純情物語~オリジナルサウンドトラック

ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む
Twitterに追加Facebookに追加はてなブックマークに追加Yahooブックマークに追加Googleブックマークに追加Buzzurlに追加Choixに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加
無料SEO対策入門


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3652/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/273653802.html でも、受け付けております。

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『37歳で医者になった僕』 医者も人間

「俺ら、人助けるために医者になったのに」下田先生を苦しめるのは、伊達さんと関わり過ぎたこともあり、純粋でもあるせい。「助けてくれ。まだ死にたくないんだ」ってすがりついて...

37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜 case9

『医者も一人の弱い人間という現実』 内容 治療の甲斐無く伊達(竜雷太)が、突然、容態が急変し亡くなってしまう。 あまりに突然のことに、ショックを受ける祐太(草なぎ剛)下田

37歳で医者になった僕 〜研修医純情物語〜 case9:医者も一人の弱い人間という現実

下田が紺野化っ!?Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン また裕太が正義感を発揮して、伊達さん@竜雷太の奥さん@田島令子に余計な事言うのかなと ハラハラしたのに、今回ばかりはすずの事も...

37歳で医者になった僕~研修医純情物語 9話

公式サイト伊達の死に責任を感じていた下田でしたが、佐伯の診療ミスであること、そのことに新見も気がついていたことを知ってしまいます。<続きは本家記事でご覧ください。>※本...

37歳で医者になった僕 研修医純情物語第9話(6.5)

伊達@竜雷太の死の裏に佐伯教授@松平健の医療ミスがあった と気づく紺野@草彅剛だったが、 恋人葛城すず@ミムラが入院しているため、何もできない中、 病院が隠蔽しようとしてい...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR